So-net無料ブログ作成

往きは良い良い、帰りは……物語 №59 [文芸美術の森]

往きは良い良い、帰りは……物語
その59  TCCクラブハウスに於ける第5回
  「青嵐(あおあらし)」「新茶(しんちゃ)」
       「竹落葉(たけおちば)」「葱坊主(ねぎぼうず)」

                  コピーライター  多比羅 孝(俳句・こふみ会同人)

◆◆平成30年4月18日◆◆
句会の案内状が届きました。次のとおりです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  
      皐月こふみ会 御案内
  五月十三日 第二日曜ですよ 十三時より於TCC
  兼題=「青嵐」と「新茶」
 会費  千五百円   おいしい昼食付
 千円で景品 お願いです
 出欠は矢太へメールで!
 Yoshihiro Iwanaga     the writer in chief
  ROXCOMPANY
  info@raxcompany.jp
  http://roxcompany.jp
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

これを受けて軒外氏はメールのほかに、レターも描いてくれました。

59-7.jpg
新茶です。いい香りがいたします。

◆◆そして当日(5月13日)◆◆
嬉しいことです。 茘子さんの紹介で、河村ゆう子さん、俳号・雲去来(うんきょらい)さんが初体験として参加されました。この俳号は、河村さんが某先生の展覧会を観に行ったとき、ひときわ、心うたれた作品に付いていた「画題」だったのだそうです。想い出のこもった命名由来なのですね。
新しい人を迎えたこともあって、このブログの果たすべき役目についても皆さんで話が交わされました。メンバーだけでなく、多くの人にこのブログを読んでもらう必要がある。どうしたら見られるのか? それを、初めての人に、口頭などで、ささっとお伝えするにはどう言えば良いのか?
そこで一遅氏に書いてもらったのが、次の一文です。有難うございました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  
①知の木々舎(ちのきぎしゃ)で検索→②最新号の目次を見る→③目次の中の、往きは良い良い、帰りは……物語№58のアドレスを開く。これでOK! どなたにもブログがご覧いただけます。
★知の木々舎はSo-Netをプロバイダーにしているので、①の前にSo-Netのホームページからはいるとわかりやすいです。(知の木々舎事務局)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

こうしてブログの存在をPRすることは、こふみ会の会員募集のためとは限らず、通常的に行う「広報活動」のひとつとも言えますよね。お力添えのほどを。

59-1.jpg

◆◆さあて、会場には、兼題と席題が張り出されました。◆◆
上の写真、右から『青嵐』『新茶』『竹落葉』『葱坊主』です。お分かりですか、この4題。今回の当番幹事さんの、ひねりの遊び心です。そうです、みんな「植物」に関係アリです。からんでいます。
句会の詠題は普通、衣・食・住と情の4つのカテゴリーの中から、ひとつずつ選んで出すのが良い、そうすれば片寄りが無いから、と言われるのですが、そこを逆手に取って植物ばかり。「しばり」ほどきつくはありませんが、この「オール植物」も仲々のものです。矢太氏らしいなあ。この出題、面白い。
なお、出題のための季語分類では『気候』『生活(行事・文化)』『植物』『動物』というのもありますね。

ご馳走は?
名物、柴又の高木屋の「草団子」。で~んと存在感がありました。深い緑の色もいい。弁当は渋谷の東急東横のれん街の御膳鮨所「関山」製。幹事からの案内状にもあったとおりです。おいしい昼食。写真をご覧くださいな。

59-2.jpg

◆◆例によって食べながら、呑みながら◆◆
軽い気持ちで悩みます。皆さん、眉間(みけん)に八の字のシワを寄せたり、アタマを掻きむしったりするわけでは決して無く、「竹落葉(タケオチバ)ってどんなもの? どんなこと?? どんな状態???」呑んだり食べたりしながらです。
しかも、よく分からないまま、いい加減なところで句を作り、提出してしまって……。あとで、じっくり調べたら、ホント? そうだったのか。ふ~ん。
『日本大歳時記(講談社)』では初夏の季語として、先ず、次ぎのように「竹落葉」の説明を始めています。つまり……

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  
竹、笹などの類は、夏、新葉を生ずると、古い葉を落とす。草木の春、秋と反対に、竹にとっての春は秋であり、竹にとっての秋が春なのである。三、四月ごろ、竹は葉が黄ばんで、他の植物の秋の有様に似て来る。(以下、省略.)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

ということです。上記歳時記の説明は、まだまだ続くのですが……。
今回、ここでは、これ以上は書かぬことに致しましょう。『竹の皮(かわ))脱ぐ』という季語もあって、筍(たけのこ)が関係して来ると、解釈が非常に複雑化して、私の講釈も長々しいものに陥(おちい)ってしまう可能性が高いからです。そうですね、後日、また改めて……ということに致しましょう。皆さんは、どんなふうにお調べですか?

◆◆いよいよ、本日の成績発表で~す。◆◆
★本日のトータルの天は~48点の孝多(おかげさま。)パチパチパチッ。
代表句=新茶届く 元気で暮らせと 書いてある

★トータルの地は~33点の矢太氏。パチパチパチッと拍手。
代表句=幾億の いのちの上に 竹落葉

★トータルの人は~31点の虚視氏。パチパチパチッと拍手。
代表句=千の蛇 原野に放(はな)ち 青嵐

★トータルの次点は~23点の一遅氏。パチパチパチッと拍手。
代表句=新茶摘む 夫婦も若く 富士の峯

パチパチパチッ。皆さん、おめでとうございました。上位3人揃って写真撮影。はい、カシャリッと、今のカメラは音はしませんが。(カメラマン=軒外氏))

59-6.jpg
左から人の虚視、地の矢太、天の孝多(敬称略)

◆しかし、しかし、とんでもない失礼を孝多は致してしまいました。短冊を3枚持たなければいけなかったのに、何をあわてていたのか、2枚です。あとの1枚は弥生さんから頂いた『落ち着いて お聞きよ竹の葉 落ちる音』。せっかく拝受したのに、座っていた席の横に辞書などと一緒に置いたままだったのです。ご免なさい、弥生さん。失礼・不謹慎を心からお詫び申しあげます。

◆天位の人に各自が景品と共に謹呈するのが当会慣例の「絵付短冊」。今回は下記の写真のとおりです。ここでは孝多が頂戴した3作(3枚)がきちんと揃っています。

59-5.jpg

◆しかし、また、しかし。短冊には「落ち付いて お聞きよ……」となっています。ダメ、ダメ。私が投句用紙に書いたときから誤字だったにちがいありません。勿論「落ち着いて」が正字。これまた、私、孝多のエラー。「あ~あ」申し訳ない限りです。

◆しかし、またまた、しかし。久しぶりにトータルの天。これは嬉しくて、ほくほく。大雨の中、ピチャピチャほくほく。頂いて持ち帰る景品が少し重くて、傘を持ったり、濡れないように袋をさげたり、酔ってもいないのに少しよろよろ。地下鉄、千代田線の駅の構内まで、美留さんが心配そうに付き添ってくれました。有難うございました。おかげさまで、何事も無く、帰宅出来ました。

◆ではまた、皆さん、どうぞ、お元気に。次回を楽しみにに致して居ります。草々。(孝多)

と、書いているところに、素晴らしいものが届きました。

我らが同人、水野タケシ氏の新著『シルバー川柳入門』河出書房新社の「謹呈」です。「出来あがったら、すぐにお贈りします」と言われては居たのですが、こんなに早くとは! 嬉しい、めでたい、おめでとう!
さあて、早速、出版パーティーだあ.。やろう、やろう。盛大にやろう。旗を振りますよ。
タケシ氏の、この前の著作は『これから始める俳句・川柳 いちばんやさしい入門書』池田書店。神野紗希さんとの共著でした。これも良書だったけど、今度のも痛快な語りくち。ヒットするんじゃないかなあ。いいぞ、いいぞ、タケシ~♪。

39-8.jpg
======================================

第581回 こふみ会・本日の全句
  平成30年5月13日     於 TCCクラブハウス(第5回)

◆兼題=青嵐(あおあらし)    順不同
青嵐 タッチ&ゴーする 群れ雀                              珍椿
吹いて吹いて 海へ落ち込む 青嵐                               孝多
椎(シイ)檪(クヌギ) 楠(クスノキ)小楢(コナラ) あお嵐    鬼禿
青嵐 少年少女 恋を知る                                           美留
もつれ合う 千切れ飛ぶかや 青嵐                             華松
丘こえて 囃子太鼓か 青嵐                                        茘子
青嵐 暗証番号が わからない                                     矢太
ひたと見る 少年の目や 青嵐                                     弥生
息深く 首かけ銀杏の 青嵐                                        紅螺
千の蛇 原野に放(はな)ち 青嵐                                虚視
こいのぼり 雨よ降るまい 青嵐                        雲去来(うんきょらい)
天空に 青嵐(せいらん)吠えて 東京ナウ                    一遅
あの転校生 青嵐連れて やって来た                             軒外
青嵐 別れ話も 切り出せず                                        舞蹴

 ◆兼題=新茶(しんちゃ)     順不同
幼き手 膝に置き待つ 新茶かな                                   紅螺
来訪の 茶畑で飲む 新茶かな                                      珍椿
知覧新茶 飲めば思ほゆ 学徒兵                                   弥生
新茶届く 元気で暮らせと 書いてある                           孝多
掌の中に 弥勒御座する 新茶の香                                 茘子
新茶色 袖にうつして 初見合い                                   華松
かたくなな 窓を開いて 新茶のむ                                 矢太
未(いま)だ修羅(しゅら) 飼い馴らせずや 新茶呑む           虚視
新茶摘む 夫婦も若く 富士の峯                                     一遅
遠距離の 夫(つま)を訪ひ 新茶汲む                                       美留
捨てし夢 ひとつにあらず 新茶くむ                                          舞蹴
高く遠く 新茶の里に 帰りし君                            雲去来(うんきょらい)
新茶飲み 何言うでなく 腰を上げ                                             軒外
小ぬか雨 新茶香るや 門跡寺                                                  鬼禿

◆席題=竹落葉(たけおちば)   順不同
幾億の いのちの上に 竹落葉                                        矢太
笹の舞ふ ルルルルルルル 竹落葉                                  鬼禿
竹落葉 足踏み入れて 天あおぐ                                     珍椿
竹落葉 名の知らぬ鳥 ひとつ鳴き                               一遅
庭先で 根くらべし 竹落葉                                雲去来(うんきょらい)
竹落葉 踏んでるだけで 笑顔かな                                     舞蹴
カサカサと まつわりつくの 竹落葉                                           華松
落ち着いて お聞きよ竹の葉 落ちる音                                        孝多
竹落葉 踏む路の先は 縁切寺                                                    軒外
竹落葉 黄昏のビギン 口ずさみ                                                  紅螺
竹落葉 気付かぬうちの 恋心(こいごころ)                                茘子
戒名に 善と優の字 竹落葉                                                      美留
竹落葉 ほの暗き沼 騒がせて                                                    虚視
婆沙羅越え 下田街道 竹落葉                                                  弥生

◆席題=葱坊主(ねぎぼうず)     順不同
葱坊主 白寿の叔母の 咳ばらい                                       紅螺
葱坊主 おとぎばなしの ピンクッション                            茘子
だんご虫と 遊ぶ幼なや 葱坊主                                       弥生
空より高いのは 心だと歌う 葱坊主                                  軒外
葱坊主 何故か他人に 思われず                                       舞蹴
葱として 最後の矜持(きょうじ) 葱坊主                         美留
葱坊主 アンポ反対 バリケード                                       鬼禿
みぎひだり 心配無用 ねぎ坊主                            雲去来(うんきょらい)
葱坊主 朝日に向い 整列す                                           虚視
葱坊主 五つ数えて 「もういいかい」                             孝多
葱坊主 スタイル・センス 超オシャレ                                 華松
葱坊主 雁首並べて にらんでる                                       珍椿
駅のどか ランドセルひとつ 葱坊主                                  一遅
葱坊主 写真の傾き 正しけり                                          矢太

                                       以上14名(56句)

nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

水野タケシ

孝多先生、総合「天」賞おめでとうございます!!

そして、私の本の宣伝もありがとうございます!!

本の中の例句「こふみ湯水」お気づきでしょうか??

先生にお送りした翌日、雨の中、本を持って、目黒・羅漢寺に

ご報告にうかがいました。

柚子湯先生のお写真も、心なしか喜んでくださっているような。。。
by 水野タケシ (2018-06-01 04:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。