So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

国営昭和記念公園の四季 №16 [ふるさと立川・多摩・武蔵]

ひょうたん  木漏れ日の里

名称未設定 1 -2.jpg



nice!(1)  コメント(0) 

『知の木々者』第224号・目次(2018年8月下期編成分)

現在の最新版の記事を収録しています。ご覧になりたい記事の見出しの下のURLをクリックするとジャンプできます。検索の詳細については手引きをご覧ください。

【文芸美術の森】

フェアリー・妖精幻想 №91               妖精美術館館長  井村君江
 「夏の夜の夢」と「嵐」 3 
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-8

にんじんの午睡(ひるね) №38              エッセイスト  中村一枝
 犬の散歩やさん                                                               
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-7

渾斎随筆 №15                               歌人  会津八一
 歌の言葉 1
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-6

石井鶴三の世界 №122                  画家・彫刻家  石井鶴三
 とがくし1961年/ 南禅寺1961年
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-4

ロシア~アネクドートで笑う歴史~ №89 早稲田大学名誉教授  川崎 浹
  第三章 混迷の時代を生きる ユーモアのペレストロイカ 11
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-5

往きは良い良い、帰りは……物語 №61    コピーライター  多比羅 孝

 『日傘)』『草いきれ』『泡盛』『虹』
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-5

【ことだま五七五】

日めくり汀女俳句 №16                    中村汀女・中村一枝
 二月十三日~二月十五日
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-3

猿若句会秀句選 №87                             猿若句会会亭    中村 信
  平成30年7月21日
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-3

草木塔~種田山頭火  №23                   俳人  種田山頭火
 帰庵
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-2

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №46                  川柳家  水野タケシ
 8月1日、8日放送分
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-1

【核無き世界を目指して】

続・対話随想 №45                                     エッセイスト  関千枝子
 関千枝子から中山士朗さまへ              
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-7

【心の小径】

論語 №56                                                      法学者  穂積重遠
 一七三 子釣(つり)して綱せず、弋(よく)して宿(しゅく)を射ず。
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-1

余は如何にして基督信徒となりし乎 №46                             内村鑑三
 第八章 基督教国にて - ニューイングランドのカレッジ生活 4
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11

【雑木林の四季】

浜田山通信 №223                                    ジャーナリスト  野村勝美
 小野文恵アナが見た祖父の戦争
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-7

私の中の一期一会 №172           アナウンサー&キャスター    藤田和弘
 全米プロゴルフ選手権、久々の“タイガーチャージ”にウッズ復活の予感              
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-9

パリ・くらしと彩の手帖 №140  在パリ・ジャーナリスト          嘉野ミサワ
 新しい美術館がどんどん生まれています
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-8

徒然なるままに №39                  エッセイスト  横山貞利
 鎮魂の月も後半です
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-6

BS-TBS番組情報 №168                                 BS-TBS広報宣伝部
 2018年8月のおすすめ番組(下)
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-5

バルタンの呟き №39                           映画監督  飯島敏宏
 「1945・8・15 あの日僕は・・・」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-4

医史跡を巡る旅 №43                               保健衛生監視員  小川 優
 「西洋医学事始め」~兵庫そして神戸。前篇
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-3
いつか空が晴れる №41                                  渋澤京子
  -高気圧ガール-
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-2

梟翁夜話(きょうおうやわ) №21                             翻訳家  島村泰治
 英文法≪ターヘル・アナトミア≫
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-1

検証 公団居住60年 №16 国立市富士見台団地自治会長  多和田栄治
 家賃値上げに反対し裁判で戦う 4
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12

中華の風 №9                      中国文化研究家  堂園 徹
 情報と縁なき貧困農民は度しがたし
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-14

コーセーだから №41                (株)コーセーOB  北原 保
 50歳創業の哲学 2
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-13

地球千鳥足 №115   グローバル教育者・小川地球村塾塾長  小川彩子
 再会を願い恋人を探すようにうろつき回ったウルムチ~中国~
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-12

シニア熱血宣言 №105                                 映像作家  石神 淳
  酷暑・災害列島
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-11

台湾・高雄の緑陰で №23           在台湾・コラムニスト  何 聡明
   中華人民共和国の焦り
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-3

【ふるさと立川・多摩・武蔵】

赤川Bonzeと愉快な仲間たち №117              銅板造形作家  赤川政由
  「大空への旅立ち」~ペガサスの完成イメージ
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-6

線路はつづくよ~昭和な鉄路の風景に魅せられて №108           岩本啓介
 五能線 海辺の景色   
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-5

押し花絵の世界 №68                               押し花作家  山﨑房枝
 「夏の詩」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-4

渋紙に点火された光と影 №42             型染め版画家  田中 清
 「梅に障子」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-3

多摩のむかし道と伝説の旅 №13                     原田環爾
 新田義貞の鎌倉攻めと多摩進軍伝説 2
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-2

国営昭和記念公園の四季 №16
 瓢箪 木漏れ日の里
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-15-1

【代表・玲子の雑記帳】                  『知の木々舎 』代表  横幕玲子
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13


         *       *      *      *
愉しく読むために読者への手引き
ネットマガジン『知の木々舎』を愉しくお読みいただくための手引きをご案内します。

発行回数・月に2回(上期・下期)ネットマガジンを発行します。
カテゴリー・記事の分類です。
「もくじ」・「執筆者紹介」・「代表玲子の雑記帳」・「心の小径」・「文芸美術の森」・「ことだま五・七・五」・「雑木林の四季」・「ふるさと立川」・「核無き世界をめざして」があります。
もくじ・ネットマガジンの号数・編成期(×月の上期・下期の別)を表示し、その下に最新の記事のタイトル・見出しが URLをカテゴリー別に掲載しています。
それぞれ記事のURLをクリックすると、記事の本編にジャンプできます。
通常は、この方法で読むのが便利です。
執筆者紹介・執筆者の氏名・肩書きをはじめ、略歴を紹介しています。

いろんな読み方
(A)もくじから記事を選ぶ
それぞれの記事見出しの下にあるURLをクリックすると、記事本編にジャンプします。

(B)カテゴリーから記事を選ぶ
画面左上にある各カテゴリー(右にある数字は、収納されている記事の本数)をクリックすると、そのカテゴリーに属する記事が降順(最新の記事から古い記事への順序)で表示されます。その中から、記事を選び出します。

(C)検索ボックスを使う
1.特定の執筆者の記事を探す
検索ボックスに執筆者の氏名を入力して検索すると、その執筆者の記事が降順で表示されます。執筆者の氏名を入力する際は、執筆者名簿に記載してあるとおりに入力して下さい。(例・「青木 久」を「青木久」と入力すると正しく表示されません)
2. 特定の語彙(語・熟語・キイワード)から記事を探す
      入力した語彙を含む記事がすべて表示されます。

(D)ネットマガジンのTOPに戻る
     カテゴリー欄のもくじをクリックする
     画面右上の「ブログトップ」をクリックする。

(E)写真を拡大して見る
その写真をクリックすると、拡大できます。その写真下の空色のタイトルをクリックすると、元の大きさに戻ります。

お読みになったら、ご意見・ご感想をぜひお寄せ下さい。
記事が終わった後に「コメントを書く」という欄があります。そこへ記入してくださればよいのです。より良い『知の木々舎』にしていくために、みなさまのご意見を下さい。

 『日傘)』『草いきれ』『泡盛』『虹』
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-5

ことだま五七五】

日めくり汀女俳句 №16                    中村汀女・中村一枝
 二月十三日~二月十五日
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-3

猿若句会秀句選 №87                             猿若句会会亭    中村 信
  平成30年7月21日
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-3

草木塔~種田山頭火  №23                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           俳人  種田山頭火
 帰庵
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-2

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №46           川柳家  水野タケシ
 8月1日、8日放送分
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-1

【核無き世界を目指して】

続・対話随想 №45                          エッセイスト  関千枝子
 関千枝子から中山士朗子さまへ              
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-7

【心の小径】

論語 №56                                          法学者  穂積重遠
 一七三 子釣(つり)して綱せず、弋(よく)して宿(しゅく)を射ず。
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-1

余は如何にして基督信徒となりし乎 №46                        内村鑑三
 第八章 基督教国にて - ニューイングランドのカレッジ生活 4
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11

【雑木林の四季】

浜田山通信 №223                              ジャーナリスト  野村勝美
 小野文恵アナが見た祖父の戦争
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-7

私の中の一期一会 №172           アナウンサー&キャスター    藤田和弘
 全米プロゴルフ選手権、久々の“タイガーチャージ”にウッズ復活の予感

パリ・くらしと彩の手帖 №140  在パリ・ジャーナリスト  嘉野ミサワ
 新しい美術館がどんどん生まれています
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-8

徒然なるままに №39            エッセイスト  横山貞利
 鎮魂の月も後半です
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-6

BS-TBS番組情報 №168                            BS-TBS広報宣伝部
 2018年8月のおすすめ番組(下)
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-5

バルタンの呟き №39               映画監督  飯島敏宏
 「1945・8・15 あの日僕は・・・」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-4

医史跡を巡る旅 №43                      保健衛生監視員  小川 優
 「西洋医学事始め」~兵庫そして神戸。前篇
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-3
 
いつか空が晴れる №41                   渋澤京子
  -高気圧ガール-
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-2

梟翁夜話(きょうおうやわ) №21                  翻訳家  島村泰治
 「英文法ターヘル・アナトミア
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-1

検証 公団居住60年 №16  国立市富士見台団地自治会長  多和田栄治
 家賃値上げに反対し裁判で戦う 4
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12

中華の風 №9                中国文化研究家  堂園 徹
 情報と縁なき貧困農民は度しがたし
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-14

コーセーだから №41         (株)コーセーOB  北原 保
 50歳創業の哲学 2
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-13

地球千鳥足 №115  グローバル教育者・小川地球村塾塾長  小川彩子
 再会を願い恋人を探すようにうろつき回ったウルムチ~中国~
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-12

シニア熱血宣言 №105                           映像作家  石神 淳
  酷暑・災害列島
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-11

台湾・高雄の緑陰で №23      在台湾・コラムニスト  何 聡明
   中華人民共和国の焦り
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-3

【ふるさと立川・多摩・武蔵】

赤川Bonzeと愉快な仲間たち №117               銅板造形作家  赤川政由
  「大空への旅立ち」~ペガサスの完成イメージ
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-6

線路はつづくよ~昭和な鉄路の風景に魅せられて №108           岩本啓介
 五能線 海辺の景色   
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-5

押し花絵の世界 №68                          押し花作家  山﨑房枝
 「夏の詩」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-4

渋紙に点火された光と影 №42         型染め版画家  田中 清
 「梅に障子」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-3

多摩のむかし道と伝説の旅 №13               v原田環爾
 新田義貞の鎌倉攻めと多摩進軍伝説 2
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-2

国営昭和記念公園の四季 №16
 瓢箪 木漏れ日の里
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-15-1

【代表・玲子の雑記帳】            『知の木々舎 』代表  横幕玲子
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13


         *       *      *      *
愉しく読むために読者への手引き
ネットマガジン『知の木々舎』を愉しくお読みいただくための手引きをご案内します。

発行回数・月に2回(上期・下期)ネットマガジンを発行します。
カテゴリー・記事の分類です。
「もくじ」・「執筆者紹介」・「代表玲子の雑記帳」・「心の小径」・「文芸美術の森」・「ことだま五・七・五」・「雑木林の四季」・「ふるさと立川」・「核無き世界をめざして」があります。
もくじ・ネットマガジンの号数・編成期(×月の上期・下期の別)を表示し、その下に最新の記事のタイトル・見出しが URLをカテゴリー別に掲載しています。
それぞれ記事のURLをクリックすると、記事の本編にジャンプできます。
通常は、この方法で読むのが便利です。
執筆者紹介・執筆者の氏名・肩書きをはじめ、略歴を紹介しています。

いろんな読み方
(A)もくじから記事を選ぶ
それぞれの記事見出しの下にあるURLをクリックすると、記事本編にジャンプします。

(B)カテゴリーから記事を選ぶ
画面左上にある各カテゴリー(右にある数字は、収納されている記事の本数)をクリックすると、そのカテゴリーに属する記事が降順(最新の記事から古い記事への順序)で表示されます。その中から、記事を選び出します。

(C)検索ボックスを使う
1.特定の執筆者の記事を探す
検索ボックスに執筆者の氏名を入力して検索すると、その執筆者の記事が降順で表示されます。執筆者の氏名を入力する際は、執筆者名簿に記載してあるとおりに入力して下さい。(例・「青木 久」を「青木久」と入力すると正しく表示されません)
2. 特定の語彙(語・熟語・キイワード)から記事を探す
      入力した語彙を含む記事がすべて表示されます。

(D)ネットマガジンのTOPに戻る
     カテゴリー欄のもくじをクリックする
     画面右上の「ブログトップ」をクリックする。

(E)写真を拡大して見る
その写真をクリックすると、拡大できます。その写真下の空色のタイトルをクリックすると、元の大きさに戻ります。

お読みになったら、ご意見・ご感想をぜひお寄せ下さい。
記事が終わった後に「コメントを書く」という欄があります。そこへ記入してくださればよいのです。より良い『知の木々舎』にしていくために、みなさまのご意見を下さい。

 「夏の夜の夢」と「嵐」3
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-8

にんじんの午睡(ひるね) №38            エッセイスト  中村一枝                                                                                                                                                                       
 犬の散歩やさん                                                               
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-7

渾斎随筆 №15                           歌人  会津八一
 歌の言葉 1
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-6

石井鶴三の世界 №122                画家・彫刻家  石井鶴三                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
 とがくし1961年/ 南禅寺1961年
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-4

ロシア~アネクドートで笑う歴史~ №89 早稲田大学名誉教授  川崎 浹
  第三章 混迷の時代を生きる ユーモアのペレストロイカ 11
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-5

往きは良い良い、帰りは……物語 №61   コピーライター  多比羅 孝
 『日傘)』『草いきれ』『泡盛』『虹』
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-5

【ことだま五七五】

日めくり汀女俳句 №16              中村汀女・中村一枝
 二月十三日~二月十五日
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-3

猿若句会秀句選 №87                         猿若句会会亭    中村 信
  平成30年7月21日
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28-3

草木塔~種田山頭火  №23              俳人  種田山頭火
 帰庵
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-2

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №46           川柳家  水野タケシ
 8月1日、8日放送分
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13-1

【核無き世界を目指して】

続・対話随想 №45                          エッセイスト  関千枝子
 関千枝子から中山士朗子さまへ              
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-7

【心の小径】

論語 №56                                          法学者  穂積重遠
 一七三 子釣(つり)して綱せず、弋(よく)して宿(しゅく)を射ず。
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-1

余は如何にして基督信徒となりし乎 №46                        内村鑑三
 第八章 基督教国にて - ニューイングランドのカレッジ生活 4
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11

【雑木林の四季】

浜田山通信 №223                              ジャーナリスト  野村勝美
 小野文恵アナが見た祖父の戦争
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-7

私の中の一期一会 №172           アナウンサー&キャスター    藤田和弘
 全米プロゴルフ選手権、久々の“タイガーチャージ”にウッズ復活の予感

パリ・くらしと彩の手帖 №140  在パリ・ジャーナリスト  嘉野ミサワ
 新しい美術館がどんどん生まれています
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-8

徒然なるままに №39            エッセイスト  横山貞利
 鎮魂の月も後半です
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-6

BS-TBS番組情報 №168                            BS-TBS広報宣伝部
 2018年8月のおすすめ番組(下)
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-5

バルタンの呟き №39               映画監督  飯島敏宏
 「1945・8・15 あの日僕は・・・」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-4

医史跡を巡る旅 №43                      保健衛生監視員  小川 優
 「西洋医学事始め」~兵庫そして神戸。前篇
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-3
 
いつか空が晴れる №41                   渋澤京子
  -高気圧ガール-
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-2

梟翁夜話(きょうおうやわ) №21                  翻訳家  島村泰治
 「英文法ターヘル・アナトミア
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12-1

検証 公団居住60年 №16  国立市富士見台団地自治会長  多和田栄治
 家賃値上げに反対し裁判で戦う 4
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-12

中華の風 №9                中国文化研究家  堂園 徹
 情報と縁なき貧困農民は度しがたし
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-14

コーセーだから №41         (株)コーセーOB  北原 保
 50歳創業の哲学 2
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-13

地球千鳥足 №115  グローバル教育者・小川地球村塾塾長  小川彩子
 再会を願い恋人を探すようにうろつき回ったウルムチ~中国~
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-12

シニア熱血宣言 №105                           映像作家  石神 淳
  酷暑・災害列島
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-11

台湾・高雄の緑陰で №23      在台湾・コラムニスト  何 聡明
   中華人民共和国の焦り
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-27-3

【ふるさと立川・多摩・武蔵】

赤川Bonzeと愉快な仲間たち №117               銅板造形作家  赤川政由
  「大空への旅立ち」~ペガサスの完成イメージ
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-6

線路はつづくよ~昭和な鉄路の風景に魅せられて №108           岩本啓介
 五能線 海辺の景色   
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-5

押し花絵の世界 №68                          押し花作家  山﨑房枝
 「夏の詩」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-4

渋紙に点火された光と影 №42         型染め版画家  田中 清
 「梅に障子」
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-3

多摩のむかし道と伝説の旅 №13               v原田環爾
 新田義貞の鎌倉攻めと多摩進軍伝説 2
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-11-2

国営昭和記念公園の四季 №16
 瓢箪 木漏れ日の里
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-15-1

【代表・玲子の雑記帳】            『知の木々舎 』代表  横幕玲子
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13


         *       *      *      *
愉しく読むために読者への手引き
ネットマガジン『知の木々舎』を愉しくお読みいただくための手引きをご案内します。

発行回数・月に2回(上期・下期)ネットマガジンを発行します。
カテゴリー・記事の分類です。
「もくじ」・「執筆者紹介」・「代表玲子の雑記帳」・「心の小径」・「文芸美術の森」・「ことだま五・七・五」・「雑木林の四季」・「ふるさと立川」・「核無き世界をめざして」があります。
もくじ・ネットマガジンの号数・編成期(×月の上期・下期の別)を表示し、その下に最新の記事のタイトル・見出しが URLをカテゴリー別に掲載しています。
それぞれ記事のURLをクリックすると、記事の本編にジャンプできます。
通常は、この方法で読むのが便利です。
執筆者紹介・執筆者の氏名・肩書きをはじめ、略歴を紹介しています。

いろんな読み方
(A)もくじから記事を選ぶ
それぞれの記事見出しの下にあるURLをクリックすると、記事本編にジャンプします。

(B)カテゴリーから記事を選ぶ
画面左上にある各カテゴリー(右にある数字は、収納されている記事の本数)をクリックすると、そのカテゴリーに属する記事が降順(最新の記事から古い記事への順序)で表示されます。その中から、記事を選び出します。

(C)検索ボックスを使う
1.特定の執筆者の記事を探す
検索ボックスに執筆者の氏名を入力して検索すると、その執筆者の記事が降順で表示されます。執筆者の氏名を入力する際は、執筆者名簿に記載してあるとおりに入力して下さい。(例・「青木 久」を「青木久」と入力すると正しく表示されません)
2. 特定の語彙(語・熟語・キイワード)から記事を探す
      入力した語彙を含む記事がすべて表示されます。

(D)ネットマガジンのTOPに戻る
     カテゴリー欄のもくじをクリックする
     画面右上の「ブログトップ」をクリックする。

(E)写真を拡大して見る
その写真をクリックすると、拡大できます。その写真下の空色のタイトルをクリックすると、元の大きさに戻ります。

お読みになったら、ご意見・ご感想をぜひお寄せ下さい。
記事が終わった後に「コメントを書く」という欄があります。そこへ記入してくださればよいのです。より良い『知の木々舎』にしていくために、みなさまのご意見を下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

フェアリー・妖精幻想 №91 [文芸美術の森]

「夏の夜の夢」と「嵐」 3

                    妖精美術館館長  井村君江

 色彩の魔術師E・デュラック

 線描で輪郭の明確なラッカムとは対照的と言っていいほど、エドマンド・デユラックの『嵐』は、線でなく色のハーモニーで幻想世界を現出しようとしている。
 ボーイッシュでほっそりした身体に小鳥の羽をつけたエアリエルや、岩の上に坐る人魚、キャリバンとたわむれる小さな細い手足の奇妙な白いエルフたちを描いているが、ラッカムとは場面のとり方や解釈も異り、彼が好んで「魔の島(エンチャッテッド・アイランド)」の不可思議さを妖精の姿で描いているのに対し、ヂュラックはその雰囲気を生きものを登場させずにセッティングや色調で出そうとしている。
 デュラックにとって、妖精たちはプロスベロの台詞「夢をつくる素材」であったかのようで、この場面(「四幕一場」)をとりあげ、白い雲のように見える白い衣の中に、その彼方の空の一隅に、小さく群がる裸身の生きものを幻のように描いている。
 フィッツジェラルドが同じ台詞から、ベッドに眠る美人のまわりにひしめく奇妙な生きものたちを、夢の素材として明確な輪郭で描いた絵画と,対照的である。
 この挿絵でもそうであるが、「デュラックのブルー」といわれる特色あるコバルト系の白っぽい」青で彩色された月の光る空と海に、蝶の麹をつけた妖精たちが飛び立つ場面やその碧い空の下草の中でキノコの下に手を取り合って踊る美しいフェアリーと出来そこないの年寄のゴブリンたちは印象的である。あるものの足はサチュロスのように山羊の足で毛が生え、ひづめがあり、あるものは天使のようにあどけないがキューピットのように古典的な感じの妖精であったり、ラテン系であるデュラックの筆先からは、イギリスの土臭いゴブリン系の妖精とは異る姿かたちをした、いわばニンフのような美しいフェの系統をひく妖精が生れている。
 フランスの「コント・ド・フェ」集で、シャルル・ペローの「眠れる森の美女」の入った『妖精の花輪』(一九二八)のフェアリー・テールズに付けられたデュラックの妖精の代母(フェアリー・ゴッドマザー)たちは、フランスの流行のファッションを着て美しい色どりに、シックで洗練されたポーズをとっている。パターン化された服の模様やセッティングなどは、この画家がアール・デコの波の中にいたことをよく物詰っているようであり、王女さまの宮廷に現われるのにふさわしい華やかな妖精たちである。
 しかし『山歴に登場する妖精たちは、妖精の代母とは違ってシェイクスピアの意図をよく汲んだ上で描かれており、彼らは、華やかな現世の服は着ておらず森や小川や丘に現われる小妖精として、裸身か草色のドレスをひるがえしている。
 デュラックはフランスのトゥールーズ生れであるが、三十歳のときにイギリスに帰化し、のち四十年のあいだ、ラッカムとヴィクトリア社会で人気を二分するほど流行の挿絵画家として活躍したのであった。

E.Dulack嵐.jpg
エドモンド・デュラック「嵐」

『フェアリー』 新書館

nice!(1)  コメント(0) 

にんじんの午睡(ひるね) №33 [文芸美術の森]

犬の散歩やさん

                        エッセイスト  中村一枝

 ぼや~っとテレビを見ていたら、北海道が出てきて、富良野が映った。何年ぶりかでドラマ「北の国から」のシーンを思い出した。倉本聡の「北の国から」に熱中して、ビデオをとり、一日に何回見たことだろう。富良野という、行ったこともない町の隅々まで歩いた気になっていたのは何年前のことだろう。劇中の人物一人一人が親しい友人のように思い、劇中のできごとが、まるで自分の身近に起きたように感じていた。ここ何年かそういうことからすっかり遠ざかっていたことに気付いた。
 朝起きて、日ざしがまぶしければテニスに行くのが日課で、八十を過ぎてもテニスができる幸せをかみしめていた。それが今年は全く足が動かない。朝起きて、門まで新聞を取りに行けるが、その程度。ぴょんぴょんと身軽にはねることが、ある日突然できなくなった。少し前から整形外科で写真をとってもらい通ってはいたのだが、特に良くはならないにしても不便なことは何もなかった。ところが、間の悪いことに、気に入って通っていた病院が今年の春から経営者が変わるという事件があり、全く別の病院に変身してしまった。主治医の先生は別の病院に移ってしまった。それでも本人の私はここまで足が動かなくなると予想もしていなかったから、呑気に構えていたのである。
 あっという間に足の運びが鈍くなり、一歩踏み出すのがだんだんにおっくうになってきた。テニスは勿論、日常の生活にも支障が出てくる。掃除も食事もはやいのが取り得だったのにこの動きののろさ、誰に聞いても、そりゃあ年のせいよと言われた。あなた今まで呑気すぎたのよ。高齢になれば誰だってそうなるの。それにしても一番困ったのが犬の散歩だった。今まで朝晩二回は行っていた。我が家のビーグルは体重10キロ弱、ただ今十一歳、人間にすれば六十二、三歳というところか。いかに気心の知れた犬でも、主人の足腰の変化までは見通せないだろう、綱を引っ張ったときもし私の足が綱にからまったりしたら、と考えると不安はつのるばかりだ。私の家は、右から行っても左から行っっても坂の上。下りは特にこわい。息子からも強く言われた。「犬の散歩は人に頼みなさい。電話で探してあげる」
 今までそういう話を聞いたことはあっても、現実に頼んだことはない。何軒か問い合わせたあと、初めて散歩仕掛け人なる人物と会った。何のことはない、普通の女の子である。女の子三人で共同経営しているそうだ。年齢は分からないが、感じのいい人だった。とりあえずお願いすることにした。彼女は池上からバイクに乗ってやってくる。犬はその日から一緒について行ってくれたのでひと安心できた。犬にだって確かめる目はある。これは大丈夫とわかったのだろう、週一回朝三十分ということで始まった。そのあいまには知りあいの誰彼が散歩に連れていってくれることもあり、一日おきには外へ出せる方法も決まった。値段は決して安くはない。一回二千八百円、時には週二回頼むこともある。私のおかずをけずってでも犬の健康のためにはやむを得ない。
 人生一寸先は闇なのか、光なのか、今のところ、犬も私もなんとかこれでやっていこうという気になっている。考えると、足が動きにくくなるという現実に思いいたらなかった自分の愚かさにつきあたるばかりだが、犬は全部見通しているような気がする。

nice!(1)  コメント(0) 

渾斎随筆 №15                      [文芸美術の森]

歌の言葉 1

                            歌人  会津八一

 私の歌をば、世間では、誰いふとなく、万葉調といふ。斎藤茂吉氏は万葉調の中でも良寛調だといはれたし、釋迢空氏は、何かで「家持味噌(やかもちみそ)」だと批評されたと聞いてゐる。その「味噌」といふのは、私にはよく解らないが、とにかく『万葉集』を離れないところに、私の調子が在るものと見える。私は自分から『万葉集』と良寛と子規から啓発を受けたと告白してゐるくらゐであるから、万葉調といふ見立ては、かたじけなく御請けをしなければならない。が、その斎藤氏でも、釋迢空氏でも、やはり万葉も調で無いことも無いし、その御門下を初め、今の世の中で、凡そ歌を作る人で、万葉調でないものは少いらしい。してみれば誰にとっても大切な万葉調であらう。そこで私は、もとから歌壇の生気とは交渉の無い至って気欒な身であるが、私の歌にも、将来は五人や十人は、特別に興味を持つ人が出て来ないことも無からうから、せめてその人々の参考にもと思って、少し自分の考を述べておく。
 先づ決めておかねばならぬのは、『万葉集』といふ書物の重さである。日本文學史の上から、これが大切な上代の古典であるといふことは誰も心得てゐるが、今我々が真面目に歌を詠もうといふ時に、それは古典だから大切だといふだけでは、まるで意味の薄いことである。それだけのことならば、『古今集』『新古今集』も、凡そ古典であり得ないものはなく、大切でないものはないことになる。時代も遠いし、言葉なども現代とはだいぶ懸け離れてゐるのに、わざわざこれだけを引っ張って来て大切にするには、もつと明瞭な理由が無ければならない。それは即ち、『万葉集』の歌人たちの心構や、物の感じ方や、それを言葉に云ひ現はす態度や、何處ともなく寵つてゐる音聾の響きなどが、今の我々の手本とするに一番良いといふ點にあるのであらう。元来、もつと良い心構や、感じ方や、表現の態度などが、今の我々自身に備はってゐるならば、何も『万葉集』などに憑らなければならぬわけもないのであらうのに、どうもなかなかさうは行きさうもないから、『萬菓集』がますます重きを致すのである。しかし時代が千年以上も違ってゐるために言葉はずゐ分變ってゐるしするから、よしその調子の良さを學ぶにしても、一つ一つの言葉などについて、あまり抜き差しのならぬほど、窮屈に考へてかかる必要は無いと思ふ。万葉も調だからといって、昨日のことは、「キノフ」と云つた方が、解りがよいのに、「キゾ」と云はなければたらぬとか、「ニハトリ」で解るのを「カケ」に、「ハハ」は「タラチネ」、「カラダ」は必ず「ウツセミ」に、「シバラク」は必ず「タマユラ」に限るといふ風になって来ると、「砂糖水」や「葡萄酒」で解ることを、「軍令」とか「赤酒」とか云はずにほおかぬ看護婦さんの言葉のやうに、常人は随分真面目でも、自然に物を云ひ慣れた人には、少し變に聞えるであらう。私なども、實はやはり、「タラチネ」「ウツセミ」の方で、現に敵の飛行機を「アダノトリフネ」、爆弾をば「イカヅチノナグヤ」などいって、かなり甚しい方であるが、云ひ分けがましいけれども、これは、その時の気分や、前後の続き具合や、音聾の調子などから、さうとしか詠めなかつたまでのことで、誰もが、いつでも、あんなものの云ひ方をなすべきものだとは、更に思ってゐない。のみならず、もしこんな言葉が、間違って廣く流行りでもしたら、あまり良いことでない、といふくらゐの懸念をさへ私は持ってゐる。『万葉集』以前には、「ホトケ」(佛)といふ言葉も、「テラ」(寺)といふ言葉も、「タフ」(塔)といふ言葉も無かつたのに、その頃の歌人たちは、その新らしい外来語を気楽に歌に入れてゐるばかりでなく、「婆羅門(ばらもん)」とか「檀越(だんおち)」とかいふいかついのさへ厭はなかった。だから今時の我々も「トリブネ」とか「ナグヤ」とか古いところから探し出して来なくとも、ありのまゝに「敵機」「爆弾」でよいわけである。つまり我々は『万葉集』に於て学ぶべきものは、形式の末にあるのではないから、『万葉集』の聾色を使ったり、その模造品を作ったり、或は其部分品を、あらぬ所へ濫用したりするのであってはならない。精神を尊重するうちに、ついその形式にもあやかるといふことは、とかく免かれないことであるし、必しも深く咎めるにも當らぬが、それにしても、我々は現代に生きてゐるのであるから、今自分の作ってゐるのは、現
代人の歌であるといふことを、見失ひたくないものである。此所が要鮎である。我々が『万葉集』を持つことは、祖先からの大きな遺産の相續であるが、それを享有するだけに満足して、遠い祖先の聾色を使って暮してゆくといふだけでは、働のある子孫と云はれない。もしこの遺産が無かったら、今の日本人は、全く歌を作ることが出来ないのだといふことになるではないか。
 勿論万葉調の張本人ではないが、少くもその下廻りの一人のやうに云はれる私でも、これだけの腹を決めてゐる。だから、私は、今日の歌の世界を見渡して、あまり『万葉』ぶった物の云ひ方をしてゐる歌には、ややもすると良い気持で向ふことが出来ないことがある。ことにその中には、御常人は、直接によく『萬菓集』など読んでもゐないらしく、ただ先輩や友人が一度か二度も使って見せた『万葉集』の単語だけを、大切に覺えてゐて、後から迫ひかけ迫ひかけ使って行く。そしてそんな人に限って、現代語づくめの一首の中へ、その古いやつを、前後の調和などを構はずに、無難作に篏めておくくらゐのことを何とも思はない。これでは先輩や友人の口眞似にはなるが、『万葉集』の聾色とまでも行かない。ここに至ると、我々が『万葉集』から学ぶべき、精神や態度の、全く正反対なものになってゐる。

『会津八一全集』 中央公論社

nice!(1)  コメント(0) 

ロシア~アネクドートで笑う歴史 №89 [文芸美術の森]

ユーモアのペレストロイカ №11

                  早稲田大学名誉教授  川崎 浹

スターリンらの復活

 ところで、つぎの復活劇を理解するためには、「全地域代議員グループ」なるものを知らなければならない。
 すでにのべたように、八九年三月に、ソ連時代初の民衆の意志を問う選挙が実施された。だがふたをあけてみると、共産党保守派の代議員が多く当選し、改革の大きなブレーキとなった。
 これにたいして、八月、エリツィソを先頭に改革派の代議員たちが各共和国の有志たちと連携し、新グループ結成にのりだした。やがてエリツィン、サハロフ、ポポフ(モスクワ市長)、アファナーシェフ(歴史大学学長)らが中心となり、七月三〇日「全地域代議員グループ」を結成し、共産党の指導的役割を規定する憲法第六条の破棄と、複数政党制の導入を旗印にした。共産党から国家を切り離し、企業や団体組織から共産党の勢力をのぞこうというのである。このグループは党と保守派にとっては癌(がん)のようなものだった。

 スターリンがよみがえってモスクワの街を散歩してまわり、そして考えた。
「わたしがいない間に、この国はすっかりたるんでしまった。めちゃくちゃではないか。こんなさまでは、とても共産主義には到達できない」
 かれは秩序の回復を決意した。クレムリンにやってくると、すぐに閣僚会議に顔をだした。全員がスターリンを見るなり立ちあがって、席をすすめ、かれが着席すると、尋ねた。
 「なにを実施するようお命じになりますか」
 スターリソはパイプを廻しながら、いった。
 「つまり、こういうことだ。まっさきにやらねほならぬのは〈全地域代議員グループ〉を射殺すること。第二には、レーニン廟を緑に塗りかえることだ」
 リガチョフががまんできないで、口をきった。
 「ヨシフ・ピサリオノビチ、なぜまた緑色なんかに?」
 スターリンは答えた。
 「第二案に反対がないことは、わたしにもわかっていた……」

 レーニン、スターリン、フルシチョフ、プレジネフ、ゴルバチョフが一堂に顔を並べて、政策を比較されるというのも、復活劇が前提になっているからである。それらのなかで、もっともよく知られている作品をプロローグで紹介した。ここではいくぶん質が落ちるが、さらにレーニンとフルシチョフが加わった同じ主題のヴアリアントを引用しよう。なお、
「土曜労働」とは市民が土曜日を返上して地域の清掃その他の労働に従事した奉仕作業のことで、ゴルバチョフ時代までつづいた。

 社会主義という列車が走っていると、急に止まった。レーニンが見にやらせると、レールがなかった。レーニンは同乗者に「土曜労働」を布告し、レールを敷かせた。
 スターリンが部下を見にやらせると、レールがなかった。スターリンは鉄道関係者を粛清し、囚人たちの手でレールを復活させた。
 フルシチョフが列車にのっていると、急に列車が止まった。ブレジネフはレールがないことがわかると、窓のカーテンを全部しめさせ、車両をゆすらせて、列車が動いているように見せかけた。
 ゴルバチョフは、列車が止まると、亜鉛部カーテンを開けさせ、そとに向かって「レールがない、レールがない」と、大声で叫ばせた。 

 おそらく、これは言論の自由を喜ぶ知識人の間で創られたものだろう。世界の冷戦を終結させ、自由をもたらした若い精力的な書記長は光り輝くように見えた。こんどはゴルバチョフ自身があやうく個人崇拝の対象になりかねなかったが、聡明な彼は党大会の壇上で、ある幹部の追従をたしなめ、そうしたセレモニーをやめさせた。

『ロシアのユーモア』 講談社選書

nice!(1)  コメント(0) 

石井鶴三の世界 №122 [文芸美術の森]

とがくし1961年/南禅寺1961年

                       画家・彫刻家  石井鶴三

1961とがくし2.jpg
とがくし 1961年 (143×201×2)
1961南禅寺.jpg
南禅寺 1961年 (122×172)

**************
【石井 鶴三(いしい つるぞう)画伯略歴】
明治20年(1887年)6月5日-昭和48年( 1973年)3月17日)彫刻家、洋画家。
画家石井鼎湖の子、石井柏亭の弟として東京に生まれる。洋画を小山正太郎に、加藤景雲に木彫を学び、東京美術学校卒。1911年文展で「荒川岳」が入賞。1915年日本美術院研究所に入る。再興院展に「力士」を出品。二科展に「縊死者」を出し、1916年「行路病者」で二科賞を受賞。1921年日本水彩画会員。1924年日本創作版画協会と春陽会会員となる。中里介山『大菩薩峠』や吉川英治『宮本武蔵』の挿絵でも知られる。1944年東京美術学校教授。1950年、日本芸術院会員、1961年、日本美術院彫塑部を解散。1963年、東京芸術大学名誉教授。1967年、勲三等旭日中綬章受章。1969年、相撲博物館館長。享年87。
文業も多く、全集12巻、書簡集、日記などが刊行されている。長野県上田市にある小県上田教育会館の2階には、個人美術館である石井鶴三資料館がある。

『石井鶴三素描集』形文社石井鶴三

nice!(1)  コメント(0) 

日めくり汀女俳句 №16 [ことだま五七五]

二月十三日~二月十五日

                  俳句  中村汀女・文  中村一枝

二月十三日
雪折の 丁字(ちょうい)の痕の 真新し
         
『紅白梅』 雪折=冬 丁字=春
 麻酔からさめた時の、すこしずつ意識のも どってくる感じが好きである。一時的にあっちの世界に行っていたという気持ちが強くした。
 見廻すと見なれたものが目に入るから、ああ帰ってきたな、と思うのだ。以前、流産をした時はじめて麻酔をした。その最中私が奇声を発したらしい。「ボス、ボスボスどこ?」
 傍で手術をしていらした知り合いの先生が後でそっと母に聞いたそうだ。
 「ボスって誰方ですか」
 先生はいささか想像を逞しくされたのだ。
 「ボスってうちの犬ですよ」
 母の一言で大笑いになったそうだ。

二月十四日
走り寄り 二羽となりたる 千鳥かな
               
『春暁』 千鳥=冬
 「まったく今、若い男でなくてよかった」。
 バレンタインデーが近づくとまわりの中年おじさんたちからこんな声が聞こえてくる。女の子からそれほど注目されない若い男の子にとっては屈辱と痛みの日がやってくる。
 バレンタインデーが八月だったらこれほど盛大になっただろうか。商魂の達しさま。冬のチョコレートは確かに美味なのだ。この時期に限って店では意匠を凝らしたチョコを売り出す。そういうチョコを見つけ出し、独り悦楽にひたるおばさんのバレンタイン。

二月十五日
雪降りし 日も幾度(いくたび)よ 青木の実
            
『春雪』 雪=冬 青木の実=秋
 現在私が住んでいる東京の大森山王、それに隣接する馬込、この辺一帯を馬込文士村と呼ぶようになったのは、大正の終わりから昭和初めにかけて文人や画家が多く住んでいたことに端を発している。
 馬込からlR大森駅に至る至近距離の道は今は車の通行量の多い通りだが、文士たちがのらりくらりと懐手(ふところで)して歩いた頃は林や住宅の続くのどかな道だった。実はその道に沿った一画に、昭和十一年、汀女は東京へ転任した夫と三人の子供と一年足らずを過ごした。偶然にもその家の跡は、私の家のすぐ近くである

『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

草木塔~種田山頭火 №23 [ことだま五七五]

帰庵

                           俳人  種田山頭火

ひさびさもどれば筍によきによき

 びつしより濡れて代掻く馬は叱られてばかり

 はれたりふつたり青田になつた

草しげるそこは死人を焼くところ

朝露しつとり行きたい方へ行く

 ほととぎすあすはあの山こえて行かう

笠をぬぎしみじみとぬれ


家を持たない秋がふかうなるばかり
 行乞流転のはかなさであり独善孤調のわびしさである。私はあてもなく果もなくさまよひあるいてゐたが、人つひに孤ならず、欲しがつてゐた寝床はめぐまれた。
  昭和七年九月二十日、私は故郷のほとりに私の其中庵を見つけて、そこに移り住むことが出来たのである。


曼珠沙華咲いてここがわたしの寝るところ

 私は酒が好きであり水もまた好きである。昨日までは酒が水よりも好きであつた。今日は酒が好きな程度に於て水も好きである。明日は水が酒よりも好きになるかも知れない。
 「鉢の子」には酒のやうな句(その醇不醇は別として)が多かつた。「其中一人」と「行乞途上」には酒のやうな句、水のやうな句がチヤンポンになつてゐる。これからは水のやうな句が多いやうにと念じてゐる。淡如水――それが私の境涯でなければならないから。

『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読むラジオ万能川柳プレミアム № [ことだま五七五]

                読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆8月1日、8日放送分

               川柳家・コピーライター  水野タケシ
    
○2018年8月1日放送分の内容です。
 
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」、
46-1.jpg
出版パーティーでも活躍した「ひど井どつき」のタスキをかけて

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)がキャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/GdwX_s2rIKU

【報告】
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」の出版記念パーティー、29日(日)、クルーズ・クルーズ銀座で無事に行ってまいりました!!
ご参加の皆様、本当にありがとうございました!!
46-2.jpg
46-3.jpg
https://youtu.be/GdwX_s2rIKU
【今週の一句】
今週は138句の投句がありました!! たくさんのご投句ありがとうございます!!
(みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略)
・雨乞いに洗ってみるか自家用車(名人・キジバト交通)
・お好み焼ビールに昼寝しあわせだ(昔のジョー)
・一針へ母の祈りの背番号(重田愛子)
・自前カゴ持って買物サザエさん(名人・アキちゃん)
・店頭に並ぶ野菜で四季を知る(キャサリン)
・死者が出るまで続けそう甲子園(名人・秦野てっちゃん)
・異例のコース予報も迷い(東海島田宿)
・大葉好きほじそ食べない枯れるまで(ラジゴ) (添削例)枯れるまで穂紫蘇食べない大葉好き
・部屋冷やし燃えるあなたの来るを待つ(名人・どんぶらこ)
・日本の胴元料は高すぎる(恵庭弘)
・夏休みいちばんきらいな最後の日(初投稿=ジョーの孫)
・政治家は過労死聞かぬほど丈夫(龍龍龍)
・パーティーの興奮冷めず暑い夜(あまでうす)
・二次会でやっと始める自己紹介(大名人・光ターン)
・二次会で消えた幹事はどのホテル(名人・アンリ)
・暑いのに背広姿のテレビ局(模名理座)
・暑いから秋にやろうよ夏祭り(小把瑠都)
・強くても勝てない夏があるんだな(ナナチワワ)
・12号派手な逆走違反だぜ(鵜野森マコピイ)
☆タケシのヒント
「『違反だぜ』が良いですね。高齢者の逆走運転も問題になっている昨今、それも絡めた作品です。台風まで逆走するなんて、この国、どうなってしまうんでしょう。」

・パーティーのつまみは弾む会話です(爽抜天)
・猛暑でも米朝間はチヨツト冷え(里山わらび)
・エッ本当!そっとユリコを抱きしめる(パリっ子)
・12号逆走迷走のち逃走(名人・荻笑)
・シル川書ひとふんばりで重版に(ポテコ)
46-4.jpg
・耳たぶに穴が空いてる時代劇(平谷妙子)
・祝賀会私も行きたかったなぁ〜(のりりん)
・文科省学問よりも金なのね(万利休)
・鬼部長だった夫も買うもやし(名人・不美子)
・プランター一つ金魚の墓になり(でんでん虫)
・空さえも銀座で見れば札に見え(名人・けんけん)
・憧れのスタバに予習して挑む(名人・ユリコ)
・まあだまだひと月もある夏休み(名人・酔とぉよ)
・異常気象台風までも迷い出し(はる)
・平成の最後の夏は暑かった(司会者=あさひろ)
☆あさひろさんの「ボツのツボ」
「ラジオ万能川柳。タケシ師匠出版記念パーティーの件、逆走迷走台風12号の件、猛暑酷暑でバテバテの件等、138の投句。有難うございます。さて、今週のボツのツボ。やんちゃんさんの『秘密にと言われ絆が太くなる』。いや~、言われてみたいもんですな。耳元で甘い小声でこれはヒ・ミ・ツ!なんて!。」

・神のみぞ知ると予報士言い始め(外科系)
・黒玉子ちょっと気持ちが解る夏(あやや)

◎今週の一句・12号派手な逆走違反だぜ(鵜野森マコピイ)
◯2席・一針へ母の祈りの背番号(重田愛子)
◯3席・神のみぞ知ると予報士言い始め(外科系)
 【お知らせ】
毎日新聞朝の顔「仲畑流万能川柳」。
その交流誌が「仲畑流万能川柳ファンブック」。
46-5.jpg
春夏秋冬、年間4回発行していて、編集長は不肖・水野タケシが務めています。
そのファンブック、9月上旬発行でついに100号を迎えます。
創刊25周年ですね。
今回の目玉は、何と言っても、100号記念座談会!!
いつもはヒットメーカー対談なのですが、今回に限り、9ページぶち抜きで万能川柳の過去・現在・未来を語り尽くしています。これは必読!
また100号記念に豪華な付録も付きます!!
何と万能川柳28年間の「月間大賞の全記録」の小冊子です。
万能川柳は平成3年にスタートしましたので、その月間大賞の全記録ということは、「平成の傑作川柳集」といっても過言ではありません。
本当は1冊の本にして出版したいような貴重な資料です!!永久保存版!!
もうこの100号だけでも良いので、ぜひご購入ください!!
100号だけは1200円、年間購読だと4000円です。
万能川柳ファンブック、どうぞよろしくお願いいたします!!
電話でのお問い合わせは、毎日新聞「万柳(ばんりゅう)クラブ」事務局
03-3212-2349までどうぞ!

 【放送後記】
本日の秀逸で鵜野森マコピイさんがついに名人位昇進!!
マコピイさん、おめでとうございまーーす!!パチパチパチパチ!!
逆走することなく、大名人に向かって真っすぐご健吟を!!
                               タケシ拝

8月8日放送分
46-6.jpg
雨にも負けず、風にも負けず、
今朝も元気に生放送!
放送の音源は……https://youtu.be/-JvyS48UjhY

【質問】
まだまだ初心者ではありますが、せっかくできた句ですから、
やはり思いってって、川柳を投句してみたいと思います。
はがきやファクス、メール等々、参加の方法はいろいろとあるようですが、時事ネタは場合によって、時期が大きくズレてしまいそうです。
川柳ブーム再来とも言われておりますし、やはり、季節などは先を読む方が良いのでしょうか。
「今、できた」という句は、どんな形で送れば、ベストでしょうか?
(秦野市・やっさん)
https://youtu.be/-JvyS48UjhY 
【今週の一句】
今週は160句の投句がありました!! たくさんのご投句ありがとうございます!!
(みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略)
・夏休みワーク作文もういやだ(ジョーの孫)
・バーベキュー鉄板だけで肉焼ける(名人・キジバト交通)
・猛暑日で気になることは電気代(初投稿=まりぽん)
・おかしいないつも全てが自信作(名人・入り江わに)
・マウンドに立ってみたいな一度だけ(ナナチワワ)
・花火咲く空へ子の夢母の夢(やんちゃん)
・久喜川に万柳スター勢揃い(あまでうす)
・八月忌孫に説きおく名の由来(でんでん虫)
・みな笑顔スイカに花火里の盆(はる)
・ブーイング山根〜はずだあの態度(名人・春爺)
・世界から無くしたいゴミ核とプラ(名人・アキちゃん)
・庭先に赤トンボ飛び秋恋し(プチトマト)
・この世界みんな似ているボスの顔(名人・アンリ)
・台所夫が陣地広げてる(名人・けんけん)
・被災地と被爆地重ね黙祷す(大名人・光ターン)
・ラジ川で本気出しそうまりぽんさん(名人・酔とぉよ)
・蝉は叫く蛍は輝る恋炎(海辺のスーさん)
・100回の秘話を聞き聞き甲子園(かたつむり)
46-7.jpg
・ゴジラまで魔物におののく甲子園(名人・鵜野森マコピイ)                                               (添削例)ワンバンを魔物のせいにするゴジラ
・トランプの脅威で増える防衛費(名人・秦野てっちゃん)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。高校野球句材等160句。今週の手直し=ゴジラまで魔物におののく甲子園→ワンバンを魔物のせいにするゴジラ。臨場感もあり、ウィットも効いていますね。ボツのツボ『あの人でなきゃ誰でもいい首相』秦野てっちゃん。自ら任期を伸ばし再選?政界もスポーツ界も最高権力者の矜持とは?」

・初恋の人はピッチャー夏の空(名人・荻笑)
・家計簿を付けてられない暑さです(平谷妙子)
☆タケシのヒント
「暑さの表現として面白いです。もちろん電気代も気になっているんでしょうね。会話体も効果的。ため息が聞こえてきそうです。」

・70年戦死者ゼロにノーベル賞(爽抜天)
・遺憾だと慣れて堂々文科相(里山わらび)
・温暖化嘘とトランプまだ言うか(大名人・雷作)
・台風のコトよ凄くて大きいの(大名人・ユリコ)
・奈良の人迷惑してそ奈良判定(のりりん)
・便利さを危うく思うぜいたくさ(名人・不美子)
・アンガールズ勝手に増えるメシの種(クッピー)
・この猛暑手も足も出ず喘ぐ蝌蚪(フーマー)
・代わりたい怜に敷かれたハズキルーペに(司会者=あさひろ)
 (添削例)敷かれたいハズキになって怜ちゃんに
・柳友の死を聴く元気だったのに(模名理座)
・うまく割り場をシラケさす西瓜割り(小把瑠都)
・飛び込んだ水の底にもある太陽(マルコ)
・老いて行く西日の当たる四畳半(ただのおやじ)
・ラジ川があるからバテていられない(外科系)

◎今週の一句・家計簿を付けてられない暑さです(平谷妙子)
◯2席・飛び込んだ水の底にもある太陽(マルコ)
〇3席・ブーイング山根〜はずだあの態度(名人・春爺)

【お知らせ】
来週8月15日は「ラジオ万能川柳」はお休み、次回は8月22日になりますが、その前日8月21日、火曜日の14時から15時、毎日新聞そばの、東京は江東区のコミュニティFMレインボータウンFM「火曜日2時は夢がいっぱい」という番組に出演します。
46-8.jpg
たぶん1時間出っ放しで、川柳のこと、広告コピーのこと、
もちろん今度出版した「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」乃噺もたっぷりしますので、ぜひお聞きください。
レインボータウンFmのホームページからリクエストやメッセージも送れますので、私への質問や励ましのメッセージ、クレーム、川柳、ラジオ万能川柳のPRなどなど、どんどん送っていただけるとありがたいです!!

エフエムさがみと同じように、レインボータウンエフエムも、パソコンで日本全国、世界中から生放送でお聞きいただけます。
また、映像もライブ配信していますので、放送の様子も立体的にお楽しみいただけると思います。
8月21日火曜日、14時から15時、レインボータウンFMの「火曜日2時は夢がいっぱい」、
ぜひぜひお聞きくださいませ!!

 【放送後記】
本日の秀逸で平谷妙子さんがついに名人位昇進!!
平谷さん、おめでとうございまーーす!!パチパチパチパチ!!
平谷さん、たくさん川柳を送ってくれました。
ひょっとして、大覚醒??
あっというまに大名人に駆け上がってくださーー!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
                               タケシ拝

========================================
30-7.jpg

水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」 http://ameblo.jp/takeshi-0719/

nice!(1)  コメント(2) 

雑記帳2018-8-15 [代表・玲子の雑記帳]

2018-8-15
◆この夏、東京で一番暑かった青梅を訪ねました。

連日の猛暑の中、テレビは毎日のように熱中症予防を呼びかけ、適切な冷房の使用をすすめています。も早節電の声はどこへいって聞かれません。温室効果ガスの削減よりも、熱中症で死者のでることの方が差し迫った問題になったということでしょう。

不要不急の外出は避けましょうと言われながらも、水のそばなら少しは涼しいかと、青梅市は沢井にある小澤酒造の酒蔵見学を思い立ちました。ここは、知の木々者でおなじみの『往きは良い良い、帰りは・・・・・・物語』で俳句の会、こふみ会が吟行したところです。

見学の時間まで多摩川を見下ろすガーデン、澤乃井園でしばし一休み。
庭の一角に鉾杉をイメージした歌碑がたっています。
   西多摩の山の酒屋の鉾杉は
       三もと五もと青き鉾杉
この歌が、大正12年に奥多摩に遊んだ歌人、北原白秋の詠んだ「造り酒屋の歌」の反歌であることを知る人は少ないかもしれません。「造り酒屋の歌」は、 九州、柳川の造り酒屋のあととりだった白秋が、山深い里で酒の仕込みに精出す杜氏たちの姿に、今はない生家を忍んで生まれたのでした。

沢の井ガーデン1.jpg
澤乃井園ガーデン
澤の井ガーデン3.jpg
白州の歌碑

多摩川にはたくさんの橋がかかっていますが、澤乃井園の庭から対岸にかかる吊り橋は「楓橋」とよばれています。八世紀の中頃に活躍した中国の詩人・張継(ちょうけい)の詩『楓橋夜泊(ふうきょうやはく)』から採った名前だそうです。橋をわたると、寒山寺の小さな寺堂があります。この寺にも由来があります。明治十八年、時の書家、田口米舫(べいほう)師が中国に遊学、各地を歴訪中、中国寒山寺より寄託された木像の釈迦仏一体を日本に持ち帰り、日本の中で適地を探索していたところ、この沢井の鵜の瀬渓谷を発見、当時の青梅鉄道の社長、小澤太平の支援によって、沿線の名士、文化人の喜捨を得て建立したというものです。(『今は昔 奥多摩見聞録』より) 戦争中供出されて戻ってこなかった鐘も再建されて、今でも渓谷の散策におとずれた人が鐘を突く音が聞こえます。

小澤酒造の創建は元禄15年(1702年)。都内にある9軒(休業中も含む)の蔵元の中でも最も古い歴史をもちます。看板の清酒「澤乃井」の名称はこの知がそのむかし、武蔵国澤井村だったことに因んでつけられたそうです。
創建の時作られた酒蔵は「元禄蔵」と呼ばれ、厚い土壁は外気温を遮り、今でも貯蔵庫として利用されています。
酒米は「山田錦」。食用の一般米と比べて、タンパク質や脂肪分は少なく、保水力が高いなどの特徴を持ち、粒も食用米より大きい。これを35㌫まで削るのです。酒の銘柄に応じた使用する米の銘柄も変わりますが、これは杜氏の親方がきめます。
水は高水三山を源に、秩父の成層の堅い岩盤から湧き出る石清水です。珍しい横井戸を見学させてもらいました。この水は澤乃井園の中にある岩からも浸み出していて、誰でも飲むことができます。

小澤家母屋.jpg
小澤家母屋
酒蔵1.jpg
酒蔵
酒蔵井戸2.jpg
岩清水の横井戸
澤の井ガーデン4.jpg
園内にも浸み出している岩清水

ガーデン横のの多摩川べりを行けば、木立の中に「青年の像」が建っています。
戦争中、青梅疎開していた彫刻家の朝倉文雄が、50年前の東京オリンピックの際に市に寄贈したものです。

多摩川2青年像.jpg
朝倉文夫「青年像」

戦争中に青梅に住んだ作家や芸術家たちは戦争が終わると東京へもどりましたが、日本画家川合玉堂は青梅にとどまり奥多摩を描きつづけました。川合玉堂美術館は青梅線御岳駅の近くに佇んでいます。
小澤酒造の会長夫人、小沢真理子さんは玉堂のお孫さんです。ご縁があって、知の木々者創立まもない2010年に『今は昔 奥多摩見聞録』を書いていただきました。その中で、(多分多摩川の)水の流れを描く玉堂や、弟子たちに向き合う玉堂の姿が紹介されています。美術館の脇には玉堂の画友、清水比庵の歌碑があります。
   山近く 水急(はや)くして まのあたり
             玉堂先生 描きたまえり

玉堂美術館.jpg
玉堂美美術館
玉堂美術館2.jpg
清水比庵の碑

美術館のそばにはこれも小澤酒造の経営するレストラン「いもうとや」。澤乃井園にある豆腐・湯葉料理の店「ままごとや」の妹分にあたるとつけられた名前です。
昼食時には我慢した甘味をと、冷たいぜんざいをいただきました。
広い窓から見る多摩川は、一週間前の台風の余波か、 緑青の水嵩もまして、一服の涼を感じさせました。

いもうとや.jpg
いもうとや
いもうとや3.jpg
多摩川を見下ろす窓辺
いもうとや4.jpg

ちなみにお昼は吉川栄治ゆかりの紅梅苑の栗おこわ御膳でした。

紅梅苑栗おこわ御膳.jpg
汁もたっぷり、おなかも満足

◆ここで、酒にちなんだ小話をひとつ。日本酒の技と心を伝える酒匠会のリーフレットに紹介されていました。「急須は昔 酒器だった」
最近は若い夫婦の過程では急須のないところが増えているとききますが、その急須、実は昔はお酒のお燗をする道具として考えられたものでした。
中国の明の時代にうまれ、日本へは室町時代につたわりました。江戸後期、11代将軍徳川家斉治下の文化文政期(1804)~29)に煎茶が流行した折、お茶を煎じて出す器具をしてちょうどいいと普及したそうです。
高級茶の玉露用は小型で「きびしょ{急備焼)」と呼ばれ、京都の文人墨客もてはやされました。
注ぎ口と握り手のついたものが普通ですが、握り手のないものは宝便(ほうへい)とよびます。たまには燗酒でも冷酒でも急須に入れて、猪口に注いでみるのはいかがでしょう。

nice!(1)  コメント(0) 

私の中の一期一会 №172 [雑木林の四季]

      全米プロゴルフ選手権、久々の“タイガーチャージ”にウッズ復活の予感!
    ~「この1年で、ここまで戻ってこられるとは」とタイガーも感慨深く語る~

                アナウンサー&キャスター  藤田和弘

 連日の猛暑日に我が家ではエアコンがフル回転している。おかげで熱中症にもならずに済んでいるが、涼しくなったらエアコンが夏バテして、ダウンするかも知れないのが気掛かりだ。
 外に出ると倒れそうになるから、なるべく外出は控え、もっぱら高校野球をテレビ観戦する毎日を過ごしている。
 ミズーリ州のベルリーブCCで行われていた全米プロゴルフ選手権は12日(日本時間13日)に最終日を迎えていたので、私はCSのゴルフネットワークで試合の終盤だけテレビ観戦した。
 甲子園の高校野球は、今年が第100回の記念大会だが、海の向こうの全米プロもまた今年で100回目の開催であった。
 実況が「タイガーチャージ復活だ!」と叫んでいたので、「しまった。早起きして見れば良かった」と後悔しながらタイガー・ウッズに注目した。
 いつものように赤いシャツに黒パンツという勝負服のタイガー・ウッズは、リーダーボードの2番目に名前があって、優勝争いをしてきたことが分かる。
 最終18番グリーンで、タイガー・ウッズが6メートルのバーディパットをカップに沈めたとき、固唾を呑んで見つめていた大観衆は歓声をあげながら熱狂した。
「往年のタイガー・ウッズが、そのままの姿で戻ってきた。熱狂の中心にウッズがいる!」と書いたネットの記事もあったことを考えると、ロープの内側で取材するゴルフ記者までが興奮状態だったのかも知れない。
 タイがー・ウッズは最終日に8バーディ、2ボギーの64をマーク、通算14アンダーの266でホールアウトした。
 結果は、優勝したブルックス・ケプカ(28=米)とは2打差の2位。終盤まで並んでいたアダム・スコット(豪)が1ストローク落としたため、単独2位に入った。
 タイガーがメジャーでの2位フィニッシュは09年の全米プロ以来で、7月の全英オープンで6位になったのに続いて、メジャー2試合で優勝争いに絡んだことになる。
「1月の時点では、自分のスケジュールがどうなるかさえ分からなかった。毎試合がチャレンジだった。この1年でここまで戻ってこられるとは・・」とタイガーはインタビューに答えている。。
 ツアー通算79勝、メジャータイトルを14回も手にしてきたスーパースターのタイガー・ウッズでも、身体の故障やプライベートでのトラブルがあって、ツアーから遠ざかざるを得なかった。
 タイガーの名前がツアーから消えていた2015年から16年の2年間に、4度にわたって腰の手術も経験した。その度に新たなスイングにトライし、自分自身とも戦い続けた。
 42歳になった今は、日々の体調にも神経をとがらせるようにしているという。
「この年齢になると、次の日までに回復していることが大事になってくる」と自覚し、早朝からの練習ラウンドも以前より減らしている。水風呂に浸かって体の炎症を抑えるケアも施している。
 今年の初めに656位だった世界ランクが、今回のメジャー大会で2位に入って26位まで上昇した。
「自分と同じような手術をして、ボールを打った人は誰もいない。僕はプロセスの途中で、未知の領域にいるのだ。もっと自分を知らなければならない」と語っている。
「タイガー イズ バック」は世界中のファンの夢だったと言っても過言ではないだろう。
 先月の全英オープン最終日で一時トップに立った時、「強いタイガー・ウッズがメジャーの舞台に戻ってくる日は近い」と感じた人は多かったのではないだろうか。
 全英オープンの時もそうだったが、ギャラリーの多くがタイガーの組について移動する。
 そして、みんながタイガーを応援する。一緒に回る同伴競技者は蚊帳の外の気分になるそうだ。
 ウッズらの猛追を振り切って優勝カップを手にしたブルックス・ケプカは「ここにいるギャラリーの皆がタイガーの応援をしているのは分かっていた。それは仕方がないことだ。彼は最高の選手だからね。僕らはタイガーを見て育ってきた。そんな彼とメジャーで戦えるなんて夢にも思わなかった」と喜びを語った。 
 1度もリードを許さず、難しい15,16番を連続バーディとして優勝を飾ったヶプカはツアー通算4勝目だが、うち3勝がメジャーである。
 全米オープンと全米プロを同じ年に制した5人目のプレーヤーになった。
 1922年のジーン・サラゼン、48年のベン・ホーガン、80年のジャック・二クラウス、2000年のタイガー・ウッズに、今年のブルックス・ケプが加わり5人となった。ツアー通算4勝目だが、そのうち3勝がメジャーだから凄い。
 ケプカはヨーロッパの下部ツアーからプロ生活をスタートさせた苦労人の一人である。
 14年にヨーロッパツアーで初優勝したことが、PGAツアーへの道を開いた。
 15年のフェニックス・オープンがPGA初優勝だが、17年、18年と世界一タフと言われる全米オープンを連覇した実力者でもある。
 今年最後のメジャー大会で、復活を予感させる強さを見せたタイガー・ウッズの或る振る舞いが大きな反響を呼んだ。 
 優勝を決め、引き揚げてきたケプカをクラブハウス前で待ち構えていたのはタイガー・ウッズだった。ケプカとガッチリ握手したタイガーは満面の笑顔で彼を抱きしめ、勝者を称えた。
 米ゴルフチャンネルのトッド・ルイス・レポーターは「ケプカを一番最初に祝福したのはタイガー・ウッズだった。私はタイガーが、優勝した対戦相手を待っている光景を見たことがなかった。素晴らしい品格が垣間見えた光景であり、ケプカにとって特別な瞬間になった筈だ」と公式ツイッターに綴った。
 この印象的なシーンが動画付きで公開されると、感激したファンから続々と称賛の声が届いた。
「新たなタイガー・ウッズを誇りに思う」
「素晴らしい。これぞあるべき姿だ」
「新生タイガー。より素晴らしく、より幸せそうだ」
「ただただ素晴らしい」
「彼もついに大人になった」
一流の品格、王者の風格と共に復活の兆しを印象付けた全米プロゴルフ選手権であった。
           

nice!(1)  コメント(0) 

浜田山通信 №223 [雑木林の四季]

小野文恵アナが見た祖父の戦場

                  ジャーナリスト  野村勝美

 8月は原爆と戦争の悲惨を考える月である。異常気象の猛暑と集中豪雨のニュースをききながらクーラーのきいたリビングで毎日、テレビのドキュメンtリー番組に見入っていた。毎年ヒロシマ、ナガサキを見てきたはずだが、なぜかことしはより充実した番組が多かったように思われた。多分平成も最後だし、私のように戦時を経験している者が少なくなっていることも関連しているのだろう。
 私が見た番組名をあげておく。どれもすごい作品だ。何度再放送されてもよい。機会があれば何度でも見たい。ほとんどは録画したので、その気になればいつでも見れる。
 最初はことし亡くなった映画脚本家「早坂暁を探して」。昔ごひいきだった「桃井かおりが暁さん遍路ゆかりの地・松山の旅」。同じ4日の夜、「福井地震70年」。福井は終戦の年に空襲で全焼し、3年後地震で全滅している。5日にはTBSが「終戦SP・学徒出陣10万人が軍隊へ▽攻撃命令▽地上戦▽太平洋戦争の真実とは」。ほぼ同時刻にNHKがBS プレミアム「映像の世紀 独裁者ヒットラー、ムッソリーニ、スターリンの狂気」。これは何度オンエアしてもよい。独裁者はどのようにして民衆をかり立て、戦争で独ソ双方に4千万人もの犠牲者を出したか。関連してNHKEテレ「ヒトラーの専用列車」アメリカ号も興味深かった。
 原爆関係では他に8日NHKBS「ヒロシマの被爆樹木ニューヨークへ渡る」。9日「幻の原爆ドーム・ナガサキ戦後63年目の選択」。ETV特集「赤い背中が残したもの」。そしてなんといっても圧巻は12日NHKBS「"悪魔の兵器”原爆なぜ誕生? 科学者の闇 日本へ落とせ・・・誰が?」。マンハッタン計画の開始から完成、実験までを計画し実行したロスアラモス研究所とロバート・オッペンハイマーはじめ1200人の若き科学者やルーズベルト、トルーマン、オッペンハイマーの孫も登場する。アメリカがすべての資料を残していることにも感心するが、NHKBSの取材能力は絶賛に値いする。番組は最後に「人類はまた同じ悲劇をくりかえしていくのだろうか」としめくくっていたが、絶対にくりかえしてはならない。
 敗戦関連では8日NHKプレミアム「海の墓場トラック島」、12日「戦争孤児の闘い」、13日「船乗りたちの戦争」がいずれも出色のドキュメンタリー、年の故もあるだろうが涙がとまらなかった。
 もう一つ、NHKスペシャル、11日の「祖父が見た戦場」がすばらしかった。看板アナの小野文恵がフィリピンのルソン島で戦死した祖父景一郎の足跡を母公子と訪ね回るルポ。文恵はもちろん34歳で死んだ景一郎を知らない。生き残った戦友や、日本兵の死体を数えて記録した米軍の資料を取材し、ルソン島での祖父の足跡を辿る。そして旅の終わり、一人でマニラのホテルを訪ねる。そこはフィリピンの少女たちが日本兵の性暴力を受けた場所だった。どんなことがあっても戦争だけはやってはならない。

nice!(1)  コメント(0) 

徒然なるままに №39 [雑木林の四季]

「鎮魂の八月」も後半です

               エッセイスト 横山貞利

 「鎮魂の八月」も後半に入った。16日には、京都五山の送り火がある。わたしも毎年6時ころ送り火を焚いている。子どものころから迎え火、送り火を焚くのはわたしがやっていた。いま想い出して考えてみるとどうしてわたしが迎え火や送り火を焚くようになったのか判らない。こんなことを考えていると無性に哀しくなるが、また今年も送り火を焚くだろう。
 今年、西日本大豪雨で多くの人の命が奪われ未だに行方の判らない人もいる。また、何時になったら元の安住の地が回復されて移り住むことができるのか、それさえ覚束ない。
 
 さる8日、沖縄知事だった翁長雄志さんが亡くなった。残念なことであるが、辺野古をはじめ沖縄の抱える課題に正面から向き合ってご苦労くださった。沖縄の抱える課題は戦後73年経っても少しも解決されていない。少なくも1972年の「沖縄返還」で積み残した最大の課題である「米軍基地」という占領地については何も解決していない。この課題は「生存権」に関わる最大の軛(くびき)である。
 あの太平洋戦争に於いて唯一地上戦の地となった沖縄で軍民合わせて約20万人の戦死者を出した地である。されど戦後全く無視されたまま73年間「米軍基地」は日本の施政権外の地であり「日米地位協定」で守られた“占領地”なのである。

 来月(9月)には「自民党総裁選」が予定されている。現状では自民党総裁選は「内閣総理大臣」を決定する選挙である。現在のところ安倍晋三、石破茂両氏が立候補の意向を示しているが、安倍首相が自民党国会議員の7割を獲得しているとのことで圧倒的な有利な立場に立っている。第2次安倍政権の発足から約6年間、安倍政治がやってきたことは,特定機密法、安保関連法、共謀罪法、働き方改革法、IR(カジノ)法、そしてモリトモ・カケに対する不親切・意味不明な答弁など、国民の立場を無視した政権運営であった。
 自民党の総裁任期は3年であるから、このままでは9月以降、安倍政権は3期9年つづくことになりそうだ。もう既に安倍首相は次期政権に於いて最大の政治選択肢である「憲法改正」の意欲を示している。しかしながら、自民党政権がつづく限り「憲法改正」の機運は避けて通れない最大課題である。安倍首相が主張している憲法9条に「自衛隊明記」をすることより、もっと危惧すべきは「自民党改憲草案」の第98条「緊急事態の宣言」に関する条文である。この条文では、内閣総理大臣は閣議にかけて「緊急事態を宣言」できるとしている。この条項は「国の権限を内閣総理大臣に委託して実行できる」ことを明確にしている。つまりこの条項は「非常事態=戒厳令」に匹敵するものである。これこそ日本会議など戦後保守陣営の思うツボを具体化したものである。第3次安倍政権が成立すれば上記の政権運営がなされるだろう。こうした内政面に対して、外交面に於いては、トランプ政権の残り2年間の任期において更なるトランプ政権べったりの外交路線をとるだろう。

 それにしても、この数年「八月」が近づくと哀しくなる。でも、それを背負って生きていかざるを得ないのだろう。

 地球規模で進んでいる異常気象はどうなるのだろうか。気象庁の見解では、まだ当分猛暑がつづくようである。

 小学唱歌 「野菊」
          作詞 石森延男 作曲 下総皖一  
                    初等科音楽(一)昭和17年3月
       
    遠い山から吹いてくる
    こ寒い風にゆれながら
    けだかく きよくにおう花
      きれいな野菊
      うすむらさきよ

  初秋の空気が肌に優しく感じられた幼い頃を想い出す。

nice!(1)  コメント(0) 

BS-TBS番組情報 №168 [雑木林の四季]

BS-TBS 2018年8月のおすすめ番組

                         BS-TBS広報宣伝部

由紀さおりの素敵な音楽館 2時間スペシャル

168由紀さおりの素敵な音楽館_94.jpg

2018年8月17日(金)よる9:00~10:54

☆由紀さおりが豪華ゲストと昭和の名曲を熱唱!

司会:由紀さおり
ゲスト:トワ・エ・モワ、堀内孝雄、伊藤咲子、中川晃教、森山愛子、ベイビー・ブー/雪村いづみ

今回の2時間スペシャルは、「歌声喫茶名曲特集」と「雪村いづみ特集」!
1950年代~1970年頃にかけて大流行した「歌声喫茶」からヒットした名曲を由紀さおりとゲストが熱唱。トワ・エ・モワと伊藤咲子は森山良子の「今日の日はさようなら」を、堀内孝雄は、小林旭の「北帰行」をそれぞれ情感豊かに歌い上げる。
雪村いづみは、自身のヒット曲「想い出のワルツ」をはじめ当時“三人娘”と呼ばれ不動の人気を分けあっていた美空ひばり、江利チエミの曲も披露。
◆レジェンドを迎えて
「想い出のワルツ」雪村いづみ
「テネシーワルツ」雪村いづみ
「川の流れのように」雪村いづみ
◆歌声喫茶名曲特集
「誰もいない海」トワ・エ・モワ
「ひまわり娘」伊藤咲子
「北帰行」堀内孝雄
「花」森山愛子
「少年時代」中川晃教
「旅人よ」由紀さおり、ベイビー・ブー
「花が咲く日は」ベイビー・ブー
「森の水車」山田姉妹
「白いブランコ」ビリー・バンバン
「あの素晴らしい愛をもう一度」由紀さおり、トワ・エ・モワ
「涙そうそう」夏川りみ、1996カルテット
「さとうきび畑」森山良子
「あざみの歌」里見浩太朗、ささきいさお
「冬の稲妻」堀内孝雄
「今日の日はさようなら」トワ・エ・モワ、伊藤咲子
「見上げてごらん夜の星を」中川晃教
「風」由紀さおり、トワ・エ・モワ 堀内孝雄 伊藤咲子 中川晃教 森山愛子 ベイビー・ブー

アジア大会2018ジャカルタ

168アジア大会2018ジャカルタ.jpg

8月20日(月)よる11:00~12:00 レスリング
8月21日(火)よる11:00~12:00 レスリング
8月22日(水)よる11:00~12:00 レスリング
8月23日(木)よる11:00~12:00 体操/バドミントン
8月24日(金)よる11:00~12:00 体操
8月29日(水)よる11:00~12:00 柔道
8月30日(木)よる11:00~12:00 柔道
8月31日(金)よる11:00~12:00 柔道
※日本人選手の状況などにより競技変更の可能性があります

☆アジアを制してTOKYO2020へ

4年に一度のアジア最大のスポーツの祭典・アジア大会。今大会は東京五輪前、最後のチームジャパンとしての総合体育大会として重要視されている。2020世代のトップアスリートが、今や“世界のスポーツ大国”と称される中国や永遠のライバル韓国との“アジア大会3強決戦”を繰り広げる。
BS-TBSでは金メダルが期待される“ニッポンのお家芸”レスリング、柔道のメダルマッチをメインにたっぷりお届けする。
レスリングはリオ五輪と世界選手権の金メダリスト川井梨紗子(女子フリースタイル62kg級)ら、2020年のエースがアジアの頂点に挑む。
そして、柔道は日本をはじめ、韓国・モンゴル・カザフスタン・UAE・中国など“世界の強豪”が犇めく。2020年へ向けて、日本代表はその世界最高レベルと言われる戦いを制することが至上命題とされている。
男子の注目はリオ五輪金メダリストのふたり。73kg級の絶対王者・大野将平と90kg級のベイカー茉秋。さらに成長著しい丸山城志郎と佐々木健志に、“2020年の星”と言われる100kg級飯田健太郎も最難関アジアの頂点を狙う。
女子は2014年世界選手権金メダリスト・近藤亜美が世界の強豪が揃う48kg級の女王なるか!?78kg超級では注目の17歳・素根輝が2015年と2017年の世界選手権金メダリスト于頌(中国)に一本を決められるか!?

女子野球ワールドカップ2018                                            ~マドンナジャパン世界6連覇へ×稲村亜美密着取材~

168女子野球ワールドカップ2018.jpg

2018年8月31日(金)よる7:00~8:54

女子野球ワールドカップ2018 順位決定戦 (決勝もしくは3位決定戦)
2018年9月1日(土)午前7:00~9:29 ※最大延長11:00まで

☆マドンナジャパンが前人未到の世界6連覇に挑む!

女子野球の最高峰、ベースボールワールドカップ。現在5連覇中の侍ジャパン女子代表が、大会6連覇の偉業を目指しアメリカ・フロリダの地で戦いに挑む!
世界一を経験しているベテランから、成長著しい若手まで現時点で最強のメンバーをそろえたマドンナジャパン。投手陣は、里投手(愛知ディオーネ)、清水投手(アサヒトラスト)、田中投手(尚美学園大学)らを軸に世界の強打者たちに立ち向かう。打撃陣では、力強いバッティングが武器の三浦選手(京都フローラ)、川端選手(埼玉アストライア)、そして、粘り強さを活かした出口選手(ハナマウイ)、船越選手(平成国際大学)らに期待がかかる。
番組では、8月22日に開幕する女子野球ワールドカップで熱戦を繰り広げるマドンナジャパンの活躍をダイジェストでおおくりする。最大のライバルは、過去3大会決勝で対戦しているアメリカ。マドンナジャパンが前人未到の6連覇を果たすことは出来るのか!?
8月31日(金)よる7時からの「~マドンナジャパン世界6連覇へ×稲村亜美密着取材~」では、予選ラウンドからスーパーラウンドまでのダイジェストに加えて、大会前合宿のマドンナジャパンに稲村亜美が密着取材。最強マドンナジャパンの活躍と素顔に迫る。
9月1日(土)午前7:00からは、「女子野球ワールドカップ2018」の決勝もしくは3位決定戦をオンエア。日本代表が進出したほうを放送する。決勝の場合は生中継、3位決定戦の場合は同日録画放送でお送りする。


nice!(1)  コメント(0) 

バルタンの呟き №39 [雑木林の四季]

               「1945・8・15 あの日僕は・・・」

                             映画監督  飯島敏弘

 昭和20年8月15日正午。僕は13歳、旧制中学の一年生でした。前日から予告されていた玉音放送(NHKラジオ)で、上御一人の声を、初めて耳にしていました。まだ民間放送は開局していませんでしたから、あの時刻、ほとんど全国民がNHKラジオに齧りついていた筈です。
 その年の3月10日に、米陸軍巨大爆撃機B29三百余機による帝都東京焦土化の軍民無差別の盲爆で、僕は本郷の生家から焼き出され、次いで避難先の大塚で4月13日、さらに5月25日のダメ押しの絨毯爆撃で小石川の避難先からも焼け出され、その家主の焦土化した広い敷地内に辛うじて焼け残った土蔵に留守番がてら住まわせてもらっていました。祖母、両親と兄弟妹5人の一家8人から、大学生の長兄が学徒動員で海軍省理事生として入寮、高校生だった次兄が特別幹部候補として飛行基地で特攻出撃待ち、国民学校5年の弟は、僕が中学進学のために帰京した後も学童集団疎開のまま残留、未就園児の妹は、空襲が頻繁になる前に、祖母に連れられて父方の田舎に預けられていましたから、その時は、両親と僕がお蔵の板敷き二階に上敷きを敷いて雑魚寝という、一家離散状態の生活を強いられている最中(さなか)最中でした。

 その日以前に、玉音放送が予告された時点で、父親も含めて、すでに敗戦思想に取りつかれていた周囲の大人たちは、「日本は負けたのだ」と言っていましたけれども、精神棒で叩き込まれた神国日本思想にとことん染まっていた軍国少年の僕は、その時点でもなお、敗戦降伏などという事があるものか、と信じ切っていました。
 受信状態が悪かったのか、かなりひどい雑音の中から漏れ聞こえてくる現人神(あらひとがみ)現人神であった天皇陛下の聞き取り難い玉音を、直立不動で謹聴していた僕は、前段のやや難解な語句を、まったく迷いなく、徹底抗戦する臣民に対する督励のお言葉と受け止めていましたから、中段になって、はっきりと耳にした玉音の、
「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」
の語句を聞いて、その主語が朕であることに全く気付かずに、
「ああ、懼れ多くも天皇陛下におかれては、自らの言葉を以て、我々臣民に対して、耐えがたく苦しい戦況をさらに耐え忍んで戦い続けよ、と仰せられているのだ」
と、一旦は、逆に受け取ってしまったのです。

 入学式を終えた直後の4月13日の空爆で、校舎、校地を全く焦土化されてしまった僕たちの府立第五中学校は、比較的近くにあった焼け残りの造兵厰(ぞうへいしょう)造兵厰(兵器工場)を仮教室にして授業が行われていましたが、すでにその時点で、僕が幼少のころから目指してきた海兵(海軍兵学校)の募集はもう行われない事が決まっていて、9月に繰り上げ入試と決まった陸軍幼年学校への受験を薦められて、市谷の陸軍司令部に願書を提出し、近づくその日に備えていた矢先の玉音放送でした。
 やがて、訪れてきた隣人や周囲の状況から、全面降伏だと知った直後の僕は何をしていたのか、今では全くといっていいほど思い出せませんが、ややあってから、夕食の準備にかかる母に促されて、七輪に火を起こしていた事と、1,500坪もあったこの家の広い庭の芝生を、集団疎開帰りの僕と特攻志願前の中学生の次兄が、万能(まんのう)万能と鍬を振るって開墾して植えた薩摩芋畑から、まだ人差し指ほどにしかなっていない芋を掘りだしてきた父親が、てんぷらを大量に揚げたことと、明るいうちから、土蔵の壁ぎわにトタン板を張り巡らせた中にドラム缶を置いた風呂を、母親が沸かすのを手伝って、やがて、近隣の人もまじえて、薬用アルコールか何か、正体不明確なアルコール飲料で、怪しげな酒盛りになったことを、漠然と憶えているのです。
 当時は、近くの焼け残った小学校の一部校舎に、首都警備の為か、一個小隊ほどの軍が駐在していて、我が家の隣り屋敷の焦土化した敷地内には、彼らの手で、かなりの人数が収容できるほどの半地下式防空壕舎が造られていたのですが、夕昏近くになって、その近くへ、薪にする為の焼け残った棒杭(ぼっくい)棒杭か、焚きつけ用の枝木を拾いに行った僕は、思わぬ、緊迫した光景に遭遇したのです。
 「ゆき!」
 「つき!」
なにか、くぐもった潜め声のやり取りが、僕の耳についたのです。
 「忠臣蔵?」
 僕は、時代劇の忠臣蔵討入りの場の合言葉を連想して、まさか、こんな時に、こんな所で、誰が酔狂な、と、自分の類推に苦笑しながら、声のした方を振り返って、思わず身を固めてしまいました。本当に、雪、月、と交わした二人が、壕舎から何か抱えて出て来た駐屯していた顔見知りのK少尉と、走り寄った一人の士官だったからです。二人は、緊張した面持ちで荷物を受け渡しながら、身を隠す間もなく棒立ちだった僕には眼もくれずに、走り去ったからです。
殆んど入れ替わりに、武装した下士官に率いられた、兵卒たちが駆けつけました。中に「豆ヘイタイ」もいました。毎晩のように我が家に忍んできては、「お母さん、豆ヘイタイです。豆ください」と称えては、空腹を満たすために、ゆでた大豆をねだった兵卒です。どこで聞いたのか、その大豆が、家主の屋敷の焼け跡から掘りだした、思いがけず大量の隠匿物資で、家主に交渉して近隣で分け合った大豆と知って無心しにきていたその情けない兵隊ほか数名の兵隊たちが、血相変えて壕舎に飛び込んで行ったのです。
 全貌は、翌日になってから解ったのですが、その半地下式の壕舎に置かれていた兵器を巡る、主戦派の将校士官たちと、終戦の命に服そうとする下士官以下の兵たちの対立だったのです。例の二人が持ち運んだ油紙に包まれたモノは、14年式と称される拳銃だったのですが、あとになってみると、あの時点で、「雪」だの「月」だの、忠臣蔵もどきの合言葉が生きたいたのですから、皇居目指して走り去ったあの主戦派の軍人たちに、あの圧倒的物量の米軍と、如何にして戦おうという成算が果たしてどの程度あったのか、今となっては、笑止、策のほどが思い知れます。
 「奥さん、やがて米軍がここへもやってきます。奴らは、必ず婦女子を暴行します。その時には、これを・・・」
翌日だったでしょうか。すでに事態は沈静化して、兵卒の姿は消えていました。居残っていた顔見知りのK小隊長が我が家に来て、「その時の自爆用に・・・」と置いて行った木箱入りの半ダースほどの、演習用のでは無く、実戦に用いられる重みのある手榴弾を前に、僕たち一家は、それをどう処していいのか見当もつかず、ただ眺めていました。
「取りあえず・・・」
と、家長である父親が決断して、庭の一隅の半焼けの梅の木の根方に穴を掘って、こわごわとして手つきで埋めるのを、母と僕は、ただ手を拱いて眺めていたような記憶があります。

昭和20年の8・15は、国民学校時代の徹底した少国民教育以来、中学でも、昨日までは、体育の時間には、授業もそこそこに、一人一殺と、上陸してきた米兵を想定して校庭に並べられた、案山子のような藁筒に突進して、銃剣を腰だめにして突きたてる教練や、投げ返されてしまわないように、着火後いくつかの数を唱えてから投げる手榴弾の投法を繰り返してきた軍国教育一辺倒だった僕の軍国少年の時代が、突如として終わった日なのです。枕元に脱いだ衣服を置き、寝床に入り、眼を閉じようとすると同時に、明日の生死を思う緊迫した夜が、突然、無条件降伏という、いいしれない不安感に変貌したのです。

 目標を喪い、抜け殻となった軍国少年の僕は、彷徨するしかありませんでした。それでなくとも、算術から代数への移行に親しめずにいた上に、昨日まで敵性言語と言って軽んじていた英語に急に比重がおかれ、やがて進駐軍の女性将校が学校にやってきて、担任の英語教師をそっちのけに会話授業を行ったり、急変貌をした中学校に行く意欲が無くなってしまったのです。目標を喪った僕は、乏しい食料をあれこれ工夫して、母が作ってくれる弁当をカバンに入れ、登校する心算で家を出るものの、学校へ行く気にもならず、最寄り駅で買った一区間だけの切符を手に、時折車内を巡回して来る車掌の眼を掠めつつ、山手環状線に乗ってぐるぐるとまわっては、時間を潰して、家に帰ったものでした。今でいう不登校生になっていたのです。
 最悪の記憶は、漫然として、上野駅で降りて、馴染の深い上野の山の西郷(隆盛)さんの銅像の前で、母親苦心の高粱めしの弁当を開きかかった途端に、いきなり目の前に手が伸びてきて、弁当を掠め取られ、逃げ去ろうとする同年輩の浮浪児に追い縋って睨みあった時の、あの、死を覚悟するほどの殺気立った睨みあいの惨めな記憶です・・・・これが、誇りある皇国の、少国民の終焉でした。
 しかし、その後間もなく、英単語カードを繰って暗記に励む山手線循環からの景観で、僕の眼を捕えたのが、戦後いちはやく結婚式場として名乗りを上げて、「全国の花嫁さん花婿さん・・・駒込角萬」と呼び掛ける立て看板に続いて眼に飛び込んできた、ある花やさんの看板です。そこには、「Say it with FLOWERS」と、書かれてありました。
この一句が、いま評判の本、「君は どう生きてゆくのか」でいう、僕にとっての、コペルニスク的転回、をもたらした一文でした。この一文で、僕は、少国民教育の呪縛から解放されたのです。

この日本に、アメリカからの大波が、民主主義と文化を載せて寄せて来たのでした。そして、この大波は今、高潮と変じて、日本に何を・・・

nice!(1)  コメント(0) 

医史跡を巡る旅 №42 [雑木林の四季]

「西洋医学事始め」~兵庫、そして神戸。前篇

            保険衛生監視員  小川 優

今回の医史跡巡りは兵庫県が舞台です。まず最初は神戸から。

神戸は横浜や函館と並び、幕末に開港された町として栄えました。外国人居留地ができ外国人が増えると、やはり必要となるのが西洋式の病院。明治2年(1869年)にはアメリカ人医師ヴェダーを迎え神戸病院が開院します。

43画像①.jpg
「神戸病院」 ~神緑会館展示物より複写

当時撮影された神戸病院の写真には、手前に番所と道標が移りこんでいます。

43画像②.jpg
「神戸病院跡」 ~兵庫県神戸市中区下山手八丁目

今でもこの石柱は現存しており、病院があった場所が推定されます。坂を上った丘の上にあったことがわかります。
院長のヴェダーは元アメリカ海軍の軍医で横浜で開業していましたが、体調不良のため早々に同じくアメリカ人のハリスに替わりますが、彼もほどなく出勤しなくなり、さらにオランダ人医師ヘーデンに代わります。

43画像③3.jpg
「神戸病院前にあった道標」 ~兵庫県神戸市中央区下山手八丁目

この石柱は道標であったらしく、「左再山道」としたためられています。神戸高速鉄道の西元町駅の近くです。
もともと神戸病院には、日本人医師の養成という目的もあり、明治9年(1876年)には病院の中に医学教育のための医学所が開設されます。現在の神戸大学医学部のルーツといわれます。医学所は明治15年(1882年)、東大医学部出身の神田知二郎を学長に迎えて県立神戸医学校となります。

「学士神田知二郎君記念之碑」
安政元年(1854年)、京都府相楽郡白栖村の医家に生まれる。12歳の時に父親が死亡、苦労するが明治13年東京大学医学部本科を卒業する。卒業後姫路病院の院長に就任、明治15年には県立神戸病院院長、神戸医学校校長となる。

43画像④4.jpg
「学士神田知二郎君記念之碑」 ~兵庫県神戸市中央区楠町七丁目

神田知二郎は明治22年、肺疾患で36歳(満34歳)で夭折します。彼の死を悼み、功績をたたえる内容の碑が、神戸大学医学部同窓会神緑会館の校庭にあります。もともとは楠寺(広厳寺)にありましたが、平成13年神緑会館竣工の際に構内に移設されました。
県立神戸医学校は甲種医学校として医師を輩出しますが、官立医学校の整理統合を進める国の施策により、明治21年に閉鎖を余儀なくされます。
その後しばらく空白期間が続きますが、長く続いた戦争による医師の不足を補うため、昭和19年に県立医学専門学校として復活、県立医科大学、神戸医科大学を経て、昭和39年に国立神戸大学医学部へと移管されます。

さて、神戸から一旦離れます。

兵庫県西宮市名塩は、神戸から六甲山をはさんで北東方向、三ノ宮から電車で1時間かかりません。今でこそ大阪、神戸のベットタウンとして変貌著しい地域ですが、もともとは紙漉きで名の知れた静かな山郷でした。

江戸時代末、ここ名塩の人で億川百記という人がいました。彼は医師を志して大阪で蘭学を学びます。そしてその時の縁で長女、八重が大阪適塾の創始者、緒方洪庵の妻となります。

「億川百記墓」
天明8年(1788年)生まれ。大坂の中天游の私塾で蘭学を学んだ際に緒方洪庵と知り合い、娘を洪庵に嫁がせる。洪庵に対しても経済的支援も行った。また大阪適塾から塾頭を務めた伊藤慎蔵を招き、名塩の名士弓場為政とともに名塩蘭学塾を開かせた。元治元年(1864年)、77歳で没。

43画像⑤5.jpg
「億川百記墓」 ~兵庫県西宮市名塩 名塩墓地

億川百記の屋敷跡、つまり緒方八重の生家跡は、現在JA兵庫六甲名塩支店になっています。そしてその建物の前庭には、緒方八重の胸像があります。

「緒方八重像」
文政5年(1822年)摂津有馬郡、現西宮名塩出身。億川百記の長女として生まれる。天保9年、緒方洪庵と17歳で結婚。7男6女をもうける(うち4人は幼没)。病弱な夫、緒方洪庵を助け、大阪の蘭学塾である適塾の寮母的存在で、塾生から慕われた。明治19年、65歳で死去。明治に活躍した医師の緒方惟準は洪庵、八重の次男。
「緒方八重像」

43画像⑥6.jpg
「緒方八重像」 ~兵庫県西宮市名塩 JA兵庫六甲名塩支店

胸像の下の石碑には「蘭学の泉 ここに湧き出ず」と記されています。ここは八重さんの生家跡であると同時に、最初に名塩蘭学塾が開かれた跡でもあるのようです。
狭い名塩地区ですが、ほかにも歴史に名を遺す人物がいます。
少し時代が下がって、明治9年。ここ名塩に上中啓三が生まれます。後に高峰譲吉とともに研究に携わり、アドレナリンの抽出と結晶化に成功しました。

「上中啓三翁顕彰碑」
明治9年(1876年)、有力な紙漉元の家に生まれ、10歳にして大阪のミッションスクールであった大阪泰西学館に入学。卒業後には薬の町、大阪道修町の薬品会社に奉公するが、明治24年(1891年)一念発起し大阪薬学校に入学、さらに東京大学医科附属薬学専科に進学して日本における薬学研究の開祖である長井長義教授の指導を受ける。卒業後は内務省の東京衛生試験所に入所したが、職場の体制や仕事の内容に失望、渡米し研究活動を行っていた高峰譲吉を紹介され、明治32年(1899年)彼のもとに赴く。明治33年(1900年)、高峰博士と共に牛の副腎からアドレナリンの抽出、結晶化に成功。その後もアメリカで高峰の研究を助けるが、大正5年(1916年)に帰国、高峰が初代社長となった三共株式会社に入社、昭和8年(1933年)に監査役を退くまで勤めた。昭和35年(1960年)、83歳で死去。

43画像⑦7.jpg
「上中啓三翁顕彰碑」 ~兵庫県西宮市名塩 教行寺

彼が記録したアドレナリンの実験ノートが、碑のある教行寺に保管されており、日本化学会が選定する日本化学遺産第2号に登録されています。

名塩を離れ、後半では有馬温泉を経由して神戸へ戻ります。

nice!(1)  コメント(0) 

いつか空が晴れる №41 [雑木林の四季]

    いつか空が晴れる
         -高気圧ガールー
                      澁澤京子

 今年の夏の暑さといったら、最大級の高気圧ガールがやってきたんだろうか?

この歌が流行っていた頃、渋谷の街には茶色く染めたマッシュルームカットと裏返しにしたような色のアロハシャツを着た男の子、ターコイズや貝のネックレスをつけてサーファーパンツを穿いている髪の毛の長い女の子だの、サーファーファッションの若者が、夏になるとたくさん歩いていた。
サーフボードを持っていた友達も結構いた(ただのファッションとして持っていただけの友人も多かったような)
私はウィンドサーフィンで一人沖に流されて怖い思いをしたことがあっただけ。
学生のときはもっぱら潜るだけのダイヴィングに夢中になってた。

夏と、なだらかな曲線を描く白い砂浜と青い海が、若い女にたとえられるのは分かるような気がする、急に変わる天候、何事もなかったかのように再び照りつける夏の陽射しの強烈さは、気性の激しい魅力的な若い女のようだ。

Kという女子美から来た友達と二人、西表島でキャンプしたことがあった、長いキャンプ生活、人が入れ替わり立ち代わりでちょうどKと二人だったのだ。
誰もいない海岸で、私はKと二人で海に潜ってはシャコガイを採ってきて、貝を焼くために焚火した。Kが溺れそうになりながら採ってきたシャコガイはスイカほどの大きさもあったと思う、焼きあがった貝にお醤油を落として食べるととてもおいしくて、お腹いっぱいになるほど二人で貝を食べた。

Kのお父さんは生物学者だった。(Kのお父さんの教え子にはどうぶつ奇想天外というテレビ番組で有名になった爬虫類の専門家がいた・・)そのせいか、彼女は魚や爬虫類、昆虫にはとても詳しかった。小田急線沿線の山の中の一軒屋に住んでいること、屋根裏部屋に青大将がとぐろを巻いて住み着いていたことがあったこと、Kがバックパッカーで歩いたインドの事、ゴアの海の話・・二人で並んで海を見ながら、そんな他愛のない話をしていた。
夕方で、沖のかなたに黒い雲がポツンと浮かんでこちらに近づいているのが見えた。近づくにつれて、その黒い雲の下だけ雨が降っているのも見える。ああ、面白いね、といっているうちにやがて雲の下になってあたりが暗くなり、ざあっと激しい雨が降ってきた。
夕立はあっという間に上がって、私は再びKと並んで座って海を見ていた。

Kは目の大きい、小麦色の肌をした美人だった、ルソーの絵の「蛇使いの女」に似た、神秘的で野性的な変わり者の女の子で、蛇やカエルなんかは平気で素手で捕まえてくるようなところがあった。Kは私と気が合ってよく一緒にいろんなところに行ったものだった。Kはよく、しょうもないような男の人を好きになったりしていた。蛇や昆虫を平気で捕まえたり、インドを一人で歩き回るほど自由奔放で気が強くても、基本的には浮世離れした世間知らずの女の子でとてもシャイだったのだ・・

一か月ほどいた沖縄から帰ってきたら髪の毛はまるで染めたように茶色くなっていた、潮と陽射しによって髪の毛が変色してしまったのだ。

あるとき、Kと何かのことで口論になった、絶対に妥協しないKは私に連絡してこなくなった、そして私も連絡しなかった。そして私はそれっきりKに会ってない。どんなことで二人が喧嘩になったのかはさっぱり覚えていない。きっと他愛もないことだったのだろう、と今は思う。


nice!(1)  コメント(0) 

梟翁夜話(きょうおうやわ) №21 [雑木林の四季]

英文法《ターヘル・アナトミア》

                          翻訳家  島村泰治

私は近ごろしきりに学校英語の功罪を思うことが多くなった。「Let's Learn English」(戦後、新制中学が発足して初めての国定教科書)から始まったわが英語歴は、学校英語のお陰と思える部分に比べて、そのせいで徒労を重ねた部分の多さを振り返って、しみじみ思いに沈むのだ。

そんな只ならぬ学校英語への負の情念から、私はいま一書を企んでいる。文部省いや文科省の指導要領の縛りを解き、英文法を改めて腑分けして、易しかるべき英語の習得に新しい道標(みちしるべ)を設けようという気概だ。題して英文法《ターヘル・アナトミア》、杉田玄白の独白「櫂もなく舵もなくして大海に乗り出でる思い」をシェアしようという思いである。

わが細(ささ)やかな学校英語功罪論には、ひょんな経緯(いきさつ)がある。ネット上の英語話しで、一冊の本を巡ってこんな例句を引き合いに出したのが始まりだった:

 a gorgeous book
  a gorgeous book on the table
  a gorgeous book my father bought me

日本語にすれば変哲もない「素晴らしい一冊の本」についての三つの修飾型で、そんじょそこらの子供がこっくりできる内容だ。ただし日本語なら、の話しだ。これが教室での英語授業となると話しがガラっと変わる。形容詞、形容詞句、形容詞節という重々しいジャーゴン(業界用語)が被(かぶさ)って、中学校では三つの学年に振り分けられる。理由は至極簡単だ。詞句節を同時に教えることはできぬ相談だ、と端から決めて掛かるからだ。果たしてそうか。修飾・被修飾の世界には同じ空気が流れているではないか。

私は英文法《ターヘル・アナトミア》なる一書にすでに《まえがき》を用意している。煩を厭わず引用させていただく:

まえがき
あなたは英語で苦労していますか?まだ始めたばかりの人、もう関係代名詞だの仮定法だの、うるさい言葉に悩まされている人もおられるでしょう。私は傘寿を三年過ぎてもう八三才になる翁(おきな)です。英語歴は半世紀余、英語の苦労もあなたより何倍もしてきました。英語学習の獣道(けものみち)に迷い込み、回り道を無駄歩きもし、いま思えば、ああすれば近道だったのにとしきりに悔(く)やむのです。

そうだ、これから英語を勉強する人たちのために、獣道にだけは迷い込まぬように、格好な道標(みちしるべ)を立てよう。そう思い立って書いたのがこの本です。題してターヘルアナトミア(https://int.search.myway.com/search/GGmain.jhtml)、杉田玄白や前野良沢たちの苦労に肖(あやか)って、英文法を思い切って腑分けしたものです。あなたの知っている英文法はここにはありません。

この本では、櫂(かい)や舵(かじ)のない船で大海に乗り出した玄白の気持ちで、英文法を人体に準(なぞら)えて、骨格をシンタックス構文として「つくり」と名付け、血液やリンパを動詞に譬え(たと)えて「ながれ」とし、臓器の機能をまとめて修飾・被修飾として「かざり」と呼んでいます。それぞれの絡みで英語という言葉が働いているという考えから、英文法を語っています。無機的な学校英語から抜け出た新しい勉強法ですから、頭を空にして読んでください。きっとあなたの英語に命が通います。
(引用終わり)

先の三つの例句が切っ掛けになって発想したこの一書は、私としては乾坤の一滴といえる意欲作だ。この《まえがき》を読んでわが愚妻曰く、とても子供たちには読めまいと嘆くが、私はそうとも言えぬと思う。学校英語の悪しき洗礼を受けた人に懐旧の思いで読んでなど欲しくない。学校英語で悩む学生たちに教科書と読み合わせて貰いたい。何ほどかの子供たちが、教科書を離れてこの一書を介して英語征服への捷径を見つけてくれれば、私はそれに過ぎる悦楽はない。

さてさて、能書きが過ぎたようだ。熱波も日を追って静まり、木々の様を見れば秋はもう門口に来ている。頃はよし、念を入れて英文法の腑分けに取り組もう。どんな書に仕上がるか、お代は見てのお帰りだ。その節にとくとご覧じあれ。

nice!(1)  コメント(0) 

検証 公団居住60年 №16 [雑木林の四季]

4.家賃現行支払いから裁判提訴まで

           国立市富士見台団地自治会長  多和田栄治

 建設大臣が1978年2月27日に家賃値上げを承認すると、公団は3月に各戸に配達証明つきで値上げを通告してきた。9月からほとんどが上限7,000円の値上げだった。これには全国20万世帯が「不同意署名」でこたえた。公団は、値上げ幅の縮減、実施時期の延期などには応じたが、自治会・自治協との協議・話し合いは拒みつづけた。これを実現するために、自治協は「家賃の現行支払い」を居住者によびかけた。借家法は、賃料の増額について当事者間の協議が整わない場合は裁判が確定するまでは断額を支払えば足りると定めている。しかし家賃の現行支払いをするには、改定額が銀行口座から引き落とされないよう自動振り込みを事前に解約して持参払いに切り換えておく必要があった。8月末までに値上げ対象の60%の約21万世帯、多摩地区では85%におよぶ33団地、27,536世帯が公団に「現行家賃支払い通告署名」を提出した。公団からは記入欄が2つある家賃通帳がとどき、改定額を消し従前家賃額を記入して持参払いをした。
 公団は77年12月から支社長名で家賃値上げ実施の78年9月にかけ、値上げの理由や内容、措置等についてのビラを10回近く全戸配布し、79年1月になると「万一お支払いいただけない方には、訴訟でもって解決することになります」、2月には「家賃改定には、借主の同意とか協議は必要ありません」「周囲の運動に惑わされず、ご自身の責任と判断でお支払いを」「改定家賃を支払った団地から住宅修繕、特別団地環境整備をおこないます」といった懐柔、脅迫めいたビラも十数回にわたって全戸にまきつづけた。
 79年2月にはいって公団は、現行支払い世帯にハガキで「裁判にかける」と通告し、沢田悌公団総裁は国会で「裁判で決着」を表明した。これにたいし全国自治協は、公団からの提訴を待つより、居住者が原告となって公団家賃の値上げの不当性を追及する裁判の提訴を新たによびかけた。各団地自治会、地方自治協は精力的に検討し新提案を確認、原告を選出し、原告以外の居住者は「改定家賃の暫定支払い通告」を公団におこなった。
 1979年5月18日、全国124団地から259人の原告団が編成され、安達十郎弁護士を団長に60人の弁護団を擁して、東京、千葉、浦和、横浜、名古屋、大阪、奈良神戸の8地方裁判所に「家賃債務不存在確認請求」の訴えを起こし、家賃裁判運動がスタートした。東京地裁では、東京23区、多摩を中心に北海道、宮城、北九州等の各自治協、42団地自治会から86人(最終的に90人)の原告団が結成された。

『検証 公団居住60年』 東信堂

nice!(1)  コメント(0) 
前の20件 | -