So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BS-TBS番組情報 №165 [雑木林の四季]

BS-TBS 2018年7月のおすすめ番組

                                                    BS-TBS広報宣伝部

ザ・撃退!第3弾 最凶外来魚を捕獲せよ!夏の危険生物SP

165ザ・撃退!第3弾.jpg

2018年7月6日(金)よる7:00~8:54

☆住宅地や行楽に潜む危険生物の駆除に密着するシリーズ第3弾!

▽第1弾、2でも登場した屋根裏に住み着いたアライグマ・ハクビシンを追跡!
▽鷹匠がハンターとなりカラスの駆除に挑む驚き現場を取材!
▽天然アユを食い漁る巨大外来魚「アメリカナマズ」の捕獲作戦!
▽これから巣を作り始める凶悪スズメバチの生態取材。春入社したばかりの新人スズメバチハンター密着も!

名曲誕生!作曲家・浜圭介物語 ~舟唄そして石狩挽歌~

165浜圭介物語.jpg

2018年7月7日(土)よる6:30~8:54

☆作曲家・浜圭介が、数々の名曲誕生秘話を思い出の地で語り、歌う人生のベストアルバム!

出演:浜圭介
ゲスト:奥村チヨ、細川たかし、森昌子、北原照久、門倉由希、石井聖子、松阪ゆうき、川上大輔、パク・ジュニョン

昭和歌謡史に燦然と輝く名曲の数々を手掛けてきた作曲家・浜圭介。
戦後の旧満州で生まれ、青森~北海道で幼少期を過ごし、歌手を目指し上京。デビューにこぎつけるも鳴かず飛ばすで、作曲家に転身。
1971年、現妻である奥村チヨに提供した「終着駅」が大ヒット…その後、八代亜紀の「雨の慕情」、「舟唄」や、北原ミレイの「石狩挽歌」など名曲を世に送り出した。
だがその人生は決して順風満帆ではなかった…
番組では、浜圭介が波瀾万丈の半生を思い出の地を巡りながら振り返り、ゲストを交えて歌い旅してゆく。
今年で歌手活動に終止符を打つことを発表している妻・奥村チヨとの貴重な共演も実現!思い出の曲「終着駅」にまつわる秘話を明かすとともに、浜圭介作曲で桂銀淑とのデュエット曲「北空港」を披露する。
さらに、北海道にある細川たかしの邸宅を訪問。名曲「望郷じょんがら」を細川たかしが熱唱する。
そして、無名時代からの友人でブリキのおもちゃ博物館館長・北原照久の別荘では、森昌子らも登場!
浜圭介自らギターを手に取り名曲の数々をゲスト歌手とともに奏でる珠玉の2時間半。

にっぽん!歴史鑑定スペシャル
明治維新150年~時代を創った長州藩の男たち

165にっぽん!歴史鑑定SP.jpg

2018年7月8日(日)よる7:00~8:54

☆吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允(桂小五郎)、伊藤博文。4人の長州藩士所縁の地から、明治維新の原動力となった長州藩の謎に迫る!

ナビゲーター:田辺誠一、菊川怜

幕末から維新にかけて躍動し、明治維新の原力となった「長州藩」。その中心を担ったのは、吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允(桂小五郎)、伊藤博文の4人の藩士。松陰が種をまき、晋作が芽を育み、木戸が花を咲かせ、伊藤が実を実らせた。番組初の2時間スペシャルとして、歴史鑑定士・田辺誠一がスタジオを飛び出し、ロケを敢行!助っ人の歴史鑑定士として菊川怜も参加。4人の所縁の地を訪ね、明治維新の原動力となった長州藩の謎に迫る!




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。