So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BS-TBS番組情報 №170 [雑木林の四季]

BS-TBS 2018年9月のおすすめ番組

                         BS-TBS広報宣伝部

女子バスケットボール ワールドカップ

170女子バスケワールドカップ.jpg

9月23日(日)よる7:00~8:54 「日本vsスペイン」 録画
9月23日(日)よる9:00~12:00 「日本vsベルギー」 生中継/延長なし
9月25日(火)よる6:54~9:24 「日本vsプエルトリコ」 生中継/最大延長9:54まで
9月29日(土)午後3:00~4:54 「準々決勝」
9月30日(日)午後3:00~4:54 「準決勝」または「順位決定戦1」
10月1日(月)午前10:00~11:55 「決勝戦」 録画

☆女子バスケットボール日本代表「AKATSUKI FIVE」が世界に挑む!

解説:原田裕花(元日本代表)、萩原美樹子(元日本代表)、大神雄子(元日本代表)
実況:小笠原亘(TBSアナウンサー)ほか

今、女子バスケットボール日本代表「AKATSUKI FIVE」(アカツキファイブ)がノっている!
2016年リオ五輪では、強豪・フランス(当時世界4位)を倒すジャイアントキリングを果たし、20年ぶりとなる準々決勝に進出。2017年アジアカップ(旧名称・アジア選手権)では新たにアジア枠に入ってきた世界ランク4位のオーストラリアを破って3連覇達成。2018年8月行われた強化試合では、カナダ(世界5位)に2戦とも競り勝ち、2020東京五輪へ向けて着々と強化が進んでいる。
その女子バスケットボール日本代表が、今年、4年に1度行われるワールドカップでメダル獲得を狙う!
BS-TBSでは日本戦全試合と決勝戦の模様を現地からの生情報とともにお届け!
この秋、日本から10000Km離れたスペイン・テネリフェの地で、世界に挑む「AKATSUKI FIVE」の戦いから目が離せない!

【大会について】
FIBA女子ワールドカップ2018
開催日程:2018年9月22日(土)~30日(日) 9日間
開催地:スペイン・テネリフェ
参加国:16か国

水曜VIP!「それウチが引き受けます!」

170それウチが引き受けます.jpg

2018年9月19日(水)よる7:00~7:54

☆他ではできない仕事を引き受ける企業や人物に密着!

出演:飯尾和樹(ずん)

「どこに行っても断られ…」そんな悩みを解決すべく、他ではできない仕事を引き受け、スゴ技で解決する企業や人物に密着する。
ずん飯尾和樹が、クリーニング業界の「駆け込み寺」と呼ばれる会社を訪問。どんな汚れや黄ばみを落とし、服を新品同様に再生する究極の洗浄技術とは?
さらに元大手メーカーの技術者集団がサポート期間が終了した犬型ロボットAIBOを再生する現場へ。修理を通じ、所有者が抱いていた愛情や思い出が見事に修復される!

極上のクルーズ紀行 スペシャル

2018年9月23日(日)午後3:00~3:54/4:00~4:54

☆世界各国の極上のクルーズ旅行を、高橋克典がご案内!

170極上のクルーズ紀行.jpg

ナビゲーター(ナレーション):高橋克典

アジア初のプレミアムクルーズライン、ドリームクルーズから2017年11月に就航した「ワールドドリーム」。
今回は、香港を出港し、ベトナム中部に位置するダナン、ハロン湾を巡り香港に帰港する5泊6日のクルーズを前編・後編と続けてご紹介します。

▽午後3:00~3:54
#293(前編) 「光と夢の船が誘う”プレミアム”なアジア ~魅惑の香港・古き良きベトナム~」
アジア初のプレミアムクルーズライン、ドリームクルーズから2017年11月に就航した「ワールド ドリーム」。客室の7割がバルコニー付きで、レストランやバーは、中華料理、インターナショナル料理はもちろん、世界でも人気の日本料理など35箇所もあり、ティファニーとコラボしたアフタヌーンティーも楽しめます。
この船の一番の特徴は「パレス」というスイートキャビン専用のエリア。24時間対応のバトラーサービス、専用のレストランやプールなど、サービスも施設もワンランク上のクルーズライフを送ることができます。
また、毎夜行われるハイレベルなエンターテインメントショー、VR体験施設や洋上初のeスポーツ専用施設など、最新設備も充実したまさに進化型客船といえます。
旅の出発地、香港は常に進化を続けるエネルギッシュな街。タレント・香取慎吾さんの作品が見られるストリートアートや、SNS上で注目されるディープスポットも紹介します。香港を出航した船は、最初の寄港地、ベトナム屈指のリゾート地であり商業都市でもあるダナンへと入港。この街で新名所となっている観覧車には意外な日本との繋がりがありました。そしてダナンから、南東30キロ位置する、ホイアンへも足を伸ばします。
世界文化遺産に登録されている旧市街ではベトナムのお札にも印刷されている来遠橋や15~19世紀にかけてアジアとヨーロッパの交易の中心として繁栄したノスタルジックな街並みを散策します。

▽午後4:00~4:54
#294(後編) 「光と夢の船が誘う”プレミアム”なアジア ~神秘のベトナム・ハロン湾~」
旅の後半はベトナムを代表する景勝地、ハロン湾からスタートします。世界自然遺産に登録されているハロン湾は、大小2000もの奇岩が湾に林立する神秘的な光景から“海の桂林”とも呼ばれています。次の寄港地、ハロン湾は沖停泊。
ゲストは沖に停泊したワールド ドリームから小型ボートに乗り換え、湾内をクルージング。神秘的な洞窟を訪れ、湾内にある島の頂上から、奇岩群の絶景を満喫します。
この船の母港でもある香港は、常に進化し続けるコスモポリタン。
2018年6月に開館したばかりの大館(タイクン)は、警察署、裁判所、刑務所だった場所を歴史と文化・アートを発信する施設に生まれ変わらせたもの。
香港ではこうした歴史的建造物を保存しながら、新たに活用するプロジェクトが進められています。
そして香港といえば、夜景も見どころの一つ。ギネスに認定されている音と光の競演「シンフォニー・オブ・ライツ」は参加するビルが年々増えており、バージョンアップしたマルチメディアショーがビクトリア・ハーバーの夜空を彩ります。また、若手シェフたちがコラボしたフォトジェニックな香港グルメもご紹介。そのキュートでユニークな料理に思わず微笑んでしまいます。東洋と西洋、そして古きものと新しきものがユニークに融合する香港の今をご紹介します。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。