So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

草木塔 №30 [ことだま五七五]

山行水行 6

                          俳人  種田山頭火

  おもひでは汐みちてくるふるさとのわたし場

  しようしようとふる水をくむ

  一つもいで御飯にしよう

  ふと子のことを百舌鳥が啼く

  山のあなたへお日さま見おくり御飯にする

  昼もしづかな蠅が蠅たたきを知つてゐる

『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。