So-net無料ブログ作成
ことだま五七五 ブログトップ
前の20件 | -

日めくり汀女俳句 №36 [ことだま五七五]

四月十二日~四月十四日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

四月十二日
行春(ゆくはる)や 波止場草なる 黄たんばぼ
     『汀女句集』 行春=春 蒲公英=春
 子供の時、新しい教科書を貰うのは嬉しかった。とりわけ国語は貰った日に最後迄読ん
でしまった。私のように活字には恵まれている家の子供でもそうだったのだから、一般に
本が手に入りにくい家の本好きの子にはなお更の事だったに違いない。
 今でいえば軍国主義一色に彩られている教科書で国側からすれば愛国心の強い克己心に
富む子を育てたかったのだろう。弟橘按が身を投げ海神を沈めたり、山中鹿之助が、我に七難八苦を与え給えと祈ったり、那須与一が扇の的を射ると敵味方喝采したり、英雄澤にはロマンがあった。

四月十三日
雲浮び 何か明るし 春の風邪
            『汀女句集』 春風邪=暮
 春の天気の変わり易さ。昨日は半袖、今日は衿(えり)巻きということもしばしば。寒暖の差の激しい時はよく風邪をひく。
 私は子供の頃、小児喘息の常習者で、今時分はほとんど寝ていた。春めいた空気が家の内にもざわざわ入り込んでいる中、寝床の中から、庭の変化や、外で遊ぶ子供のにぎやかな声を聞いているのはやるせなかった。咳にきくからと、蟻蛤(とんぼ)の乾燥したのをごそっと持ってきてくれた人がいた。
 廊下につり下がったひからびた晴蛤の目玉が、いつもじっとこっちを見ていた。

四月十四日
今別れ 来(きた)りしばかり 春灯(はるともし)
               『花影』 春灯=春
 結婚して十年間、汀女は句作をやめた。大正十三年に長女涛美子、十五年に長男、昭和四年には次男と子供が生まれた。当時の事とてお手伝いはいただろうが、手のかかるいた
ずら盛りの男の子たちには手を焼いた。十三年には、東京から仙台へ、十四年には名古屋、同じ年に大阪、昭和五年には横浜と、目まぐるしい転任の年月でもあった。働き盛りの夫も、多分妻が悠々閑と俳句を作る事は好まなかったのではないか。
 その間、暇があると、鏡花と探偵小説を読んでいた。充電期間でもあった。

『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №42 [ことだま五七五]

或る若い友 8

               俳人  種田山頭火

 生えて伸びて咲いてゐる幸福

 閉めて一人の障子を虫が来てたたく

 影もはつきりと若葉

 ひよいと穴からとかげかよ

 誰も来てくれない蕗の佃煮を煮る

『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む『ラジオ万能川柳』プレミアム №66 [ことだま五七五]

                読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆6月5日、12日放送分

          川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年6月5日放送分の内容です。


66-1.jpg
今朝は見せるものがないとお嘆きの、あさひろ名人!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/WAL55HzeUHo

【質問コーナー】
万能川柳とその他の川柳とでは、大きな違いがどこにあると師匠はお考えですか?
(離らっくすさん)
回答は……https://youtu.be/WAL55HzeUHo

 (みなさんの川柳)※敬称略 今週は172句の投句がありました!!
 ・気温みてメニューを変える妻の愛(名人・グランパ)
・ランドセルとにかく逃げよ変な時(昔のジョー)

☆タケシのヒント!
「『引きこもり』がクローズアップされた1週間、タイムリーな一句でした。ランドセルだけじゃないですね。私たちも逃げましょう。変な時は。」

・最低なことばを産んでいる議員(外科系)
・開会式チケットよりもテレビ買う(名人・キジバト交通)
・大相撲拍手が出ないカウボーイ(初投稿=イノっち)
・福山を岡田がジャマす日曜日(名人・平谷妙子)
・一茂よそれは何でも言い過ぎだ(名人・六文銭)
・日々テレビ出てる教授の胡散臭さ(名人・龍龍龍)
・新聞もテレビも見ないむごさかな(名人・入り江わに)
・母ちゃんと新幹線に乗りたいな(ワカメちゃん)
・恥ずかしいデータ消さなきゃまだ死ねぬ(soji)
・五時に夢中終わった後は不倫夢中(よっきゅん)
・一巻だけ並ぶ本棚ディアゴスティーニ(初投稿=大波小波)
・初めての九州行くぞお一人で(ナナチワワ)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。172の投句。中にプロ野球ヤクルトの連敗を嘆く人(秦野てっちゃん・よっきゅん・フーマー)、6月に祝日が無いのに落胆する人も複数。そこで今週のボツのツボ。『言い訳にお腹痛いを覚えた子』ナナチワワ。そのうち「金縛りにあってとか親族の葬儀が・・」とか言い出す大人になるのね。」

・友達はよいものと知る舞台袖(ペンギン)
・気まぐれと言ってる人が起こす風(大名人・雷作)
・風じゃない気まぐれなのはあんたでしょ(里山わらび)
・おっぱいがブラと一緒にとれるサギ(名人・荻笑)
・死ぬ前に捨てておきたいモノがある(小把瑠都)
・マスコミがAIよりも怖い時(名人・不美子)
・露出度でヨミ子に完勝酔とぉよ(爽抜天)
・エリートの家庭も悩み有ると知る(のりりん)
・ツバメ来て祖父も笑顔を取り戻し(はる)
・この息子同情もする元次官(名人・フーマー)
・風さえも変えられるぞとニヤケ顔(司会者=名人・あさひろ)
・役演じ私生活でも助さんに(名人・アンリ)
・締め切りが迫り始まる引きこもり(大名人・けんけん)
・ヨミ子さんこまぎれで観る強運会(名人・かたつむり)

66-2.jpg

・倒してよナダルフェデラージョコビッチ(クッピー)
・ツバメ来て老人ホーム活気づく(名人・アキちゃん)
・万柳が勝率10割絶好調(パリっ子)
・暑いねぇ知らぬ人にも声かける(模名理座)
・幸せって何かと事件問うてくる(大名人・光ターン)

◎今週の一席・ランドセルとにかく逃げよ変な時(昔のジョー)
◯2席・風じゃない気まぐれなのはあんたでしょ(里山わらび)
◯3席・暑いねぇ知らぬ人にも声かける(模名理

【お知らせ】
全国公募「ぬまづ文芸・川柳部門」いよいよ6月1日、作品募集スタートです!!
さて、2015年から 、静岡県沼津市の沼津市芸術祭、文芸部門「ぬまづ文芸」の川柳部門選者を務めております。
ぬまづ文芸は今年で46回を数えます。沼津市の主催なのに、何故に全国公募なのか。
それは、沼津が、井上靖 、若山牧水、 など著名な文学者たちとのゆかりが深いこと。
そして、当時の市長さんの、「沼津市にとどまらず全国公募にして切磋琢磨して技量を高めよう」
という高い志によるものです。
一人一句の真剣勝負です。全国からたくさんのご応募をお待ちしています。
高校生以下無料ですので、まわりの若い方々にもぜひおすすめください。
詳しくは、私のブログ「水野タケシの超万能川柳!!」をご覧ください!

 【放送後記】
今週もたくさんのご投句ありがとうございます!
今週も初投稿の方がおふたり、ラジ川の輪がどんどん広がっていること実感しています。
その分、当然「狭き門」になってしまい恐縮至極なのですが、
引き続きおつきあいよろしくお願いいたします!m(__)m       タケシ拝

〇2019年6月12日放送分です。 

66-3.jpg
かたつむり画伯のシャンシャンのイラストを手に!

放送の音源は……https://youtu.be/9ToJ7ElAK0A

【話題】
川柳にも造詣が深かった田辺聖子さんがお亡くなりになりました。
というわけで、今朝は急きょ、原稿を書き換えてきました。
田辺さんには、『道頓堀の雨に別れて以来なり』(中央公論社、1998年刊)
という川柳に関する名著があるんですが、この小説にこんな文章が載っています……。
https://youtu.be/9ToJ7ElAK0A

 (みなさんの川柳)※敬称略 今週は153句の投句がありました!!
・久々に与野党一致バカ議員(名人・りっちーz)
・あっそうと言えぬ老後の二千万(大名人・春爺)
・あさひろ氏かっこいいとは知れ渡り(名人・平谷妙子)
・父の日を忘れていない母一人(名人・やんちゃん)
・気のせいか令和で増えた大事件(soji)
・靴擦れのことは覚えている旅行(名人・荻笑)
・権力とハンドル握りゃ人変わる(名人・龍龍龍)
・公園でわずかにゆれた4WD(名人・東海島田宿)
・一人なら一千万ですむのかな(あまでうす)
・ボツのツボ秀逸並みに嬉しいな(ナナチワワ)
・山ちゃんに我も成れるか美女野獣(パリっ子)
・ごきぶりのやっつけ方で盛り上がる(味野素子)
・気にしてよ顔のしみより歴史の汚点(初投稿=みなとかおる)
・深緑に噴水高く歌い出す(名人・マルコ)

66-4.jpg

・ふれあいはお肌ではなく川柳で(重田愛子)
・この季節ゴミ出しだけはサボれない(大名人・光ターン)
・二千万?百年安心どこ行った(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。突然の2000万円!2万円の間違いじゃないの?今週はあの名人も、あの大名人もボツに。壺の中には秀作がいっぱい!そんな中で今週のボツのツボは、“不美子”さん・・のお歳!いつも年齢不詳?詐称?な、お洒落なお歳が今週は「雨が降りそうだから」とだけ。えぇ~、だからどうなのよ~。」

・百分の一秒どんな世界なの(名人・アンリ)
・幸せになる筈だった詩梨(ことり)ちゃん(大名人・けんけん)
・いつの日か私もきっとうふふふふ(メン子ちゃん)
・知らないの?日本は貧しくなったのよ(名人・入り江わに)

☆タケシのヒント!
「急に騒ぎ始めた『老後2000万円』問題。でも、いつかは大問題になると、以前からわかっていたことでもあります。わかっているのに先延ばしにしてきた政治、役所、マスコミ、そして、私たち自身を痛烈に批判する一句です。」

・咄嗟にはサイドブレーキ引けぬかも(はる)
・おじいさんばかりが車走らせる(名人・フーマー)
・小把瑠都サン捨てておきたいモノて何?(のりりん)
・笑えない闇につながる芸の先(黒耀舎)
・カウントをしながら土下座したのかな(柳王・ユリコ)
・子は宝虐待の親許せねえ(名人・鵜野森マコピイ)
・期待大百メートルを九秒で(つや姫)
・愛子さんツーショットは思い出に(名人・ポテコ) 
       (添削例)思い出す愛子さんとのツーショット

66-5.jpg

・イノシシがウリ坊隠す爺の軽(爽抜天)
・壁破るカタカナ名のアスリート(大名人・雷作)
・夏物を出したらすぐに冬支度(名人・キジバト交通)
・山ちゃんがどんどんどんどん男前(名人・かたつむり)

66-6.jpg

・就活の息子(こ)より母さん深呼吸(名人・アキちゃん)
・雑草は決してザツな草じゃない(あやや)

◎今週の一句・知らないの?日本は貧しくなったのよ(名人・入り江わに)
◯2席・権力とハンドル握りゃ人変わる(名人・龍龍龍)
◯3席・一人なら一千万ですむのかな(あまでうす)

 【放送後記】
最近、珈琲にはまっています。
珈琲の深い香りが気分を変えてくれるからです。
今朝も自分で淹れて、スタジオに持ってきました。
今朝はグァテマラ。深い甘い香りがたまりません。ちょっもしたゼイタク(・˃̵ᴗ˂̵)
        タケシ拝
=======================================
56-9.jpg
 水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。
 


nice!(1)  コメント(0) 

日めくり汀女俳句 №35 [ことだま五七五]

四月九日~四月十一日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

四月九日
噛(さえず)りの高音高音にうながされ
              『紅白梅』 嘲り=春

 朝うつらうつらしていると、どこかで音がしている。例の鼠の一件以来、鼠の物音に敏感になっているから、これは又か、とおののいた。よく聞いているとどうも外の、それも屋根の上、雀たちが庇の上を踏んでいるらしい。同じ生き物でも、鼠と雀とでは全く受けとり方が違う。
 大古の昔から雀は人間になじみ深く愛されてきた。体も鳥より小さいし、見た目にもかわいさがある。昔話に「舌切雀」というのがあった。悪いお婆さんに舌を切られた雀が良いお爺さんに助けられ宝の袋を贈る。欲深いお婆さんは同じ事をして汚物の袋を貰う。今でも通用しそうな話。

四月十日
春慶や一人もよろし行かしめよ
            『薔薇粧ふ』 春の塵=春

 一緒に暮らしたことがないから不満も起こらず葛藤もない。汀女と私とは極めてさっぱりした嫁姑であった。それで満足していたということではないだろう。汀女はあきらめていたようである。
 義妹には「一枝さんは個性的だから」と言ったそうだ。変わり者で言うことは聞かない、困った嫁を個性的と評するなんて〝やられた〟と私はひそかに舌を巻いた。これは勝てない相手と思い知った。
 二〇〇〇年四月十一日は汀女百回目の誕生日。私は四月十日生まれ、陽春の気ほころびるころ生まれたのが似ている。

四月十一日
たんばぽの花には花の風生れ
            『半生』 蒲公英=春

 鼠作戦もどうやら大詰めに近づいたらしいと鼠仕掛け人に言われほっとした。家族を失った雄か雌のどちらかが生き残りを賭けているときいて同情さえしたのだ。その次の日何と寝室に鼠が。私はパニックだった。捕虫網ならぬ捕鼠布を作った。
 二、三日たって犬が妙に臭いをかぎまわる。玄関の物入れの裏側に鼠の頭を発見、棒で突いている内に廊下にとび出した。犬も棒立ち、私は大声、鼠も慌てて表へ逃げていった。鼠作戦はどうやら長期化の様想を里しつつある。


『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №97 [ことだま五七五]

猿若句会特選句集 97(2019年5月18日)

             猿若句会会亭  中村 信

 小さな手丸く泉を掬ひけり  佐竹茂市郎
 出稼ぎの男泣かせる走り薯  丸本 武
 飛騨路来て掬ふ泉や宗祇水  花柳小春
 マスターひとり匙磨いてる五月かな  中村呆信
 泉湧き砂吹き上げて柿田川  児玉竹子
 夏めくと日記の隅に書き記し  高橋 均
 母の日や八十路の妻に卓上花  中村克久

◆猿若句会五月例会の特選句集です。例によって一句だけの短評から始めます。
[短評] [小さな手丸く泉を掬ひけり 茂市郎]。作者久々の巻頭句です。見事な描写句です。いつも説明句と描写句の境の句が投句され、微妙なところで説明句とみなされ選から漏れていたことが多かったようです。例えばこの句も「子供の小さな手」などと表現すれば説明句になってしまいます。「小さな」手と表現した時点で子供の手だと誰もが想像できますから不要なわけです。描写したいとはわかっていても、作者のように超多忙でなくとものなかで作句して投句しようとすると、殆どが想像句になってしまうのが実情で、ついつい説明過剰・饒舌なってしまいがちです=閑話休題。一例として、今回の兼題は「泉」だったのですが、泉を調べて出かけ、最低2~3時間は観察するとします。仮に一回くらいは出来たとしても、毎月は無理です。つまりは殆ど全ての句は想像で創くらなければならないわけです。ただ純粋な想像句はあり得ず,何らかの核になるものがあるはずですから、想像句を創造句に昇華させる余地はあります。努力を重ねて佳句づくりに励んでみてください。
実は巻頭句に全く同点句[出稼ぎの男泣かせる走り薯 武]がありました。別な意味で問題点がありました。「新馬鈴薯」(しんじゃが)が席題になりました。実は出題者の歳時記には、見出しは「しんじゃが」とあり、季語解説には「新馬鈴薯」とありました。出題としてはおそらく初めてのルビつきで「「新馬鈴薯」にしました。「新じゃが」他いろんな表記の出句がありました。会亭的には出題以外の表記を認めないとする者ではないのでバラエティーがありました。では「走り薯」は如何でしょう。私は是としました。歳時記万能主義ではなく、むしろ歳時記を基礎として季語の中身を充実させてゆくべきだと考えています。極端な方言・訛り・俗語・隠語なども、一般に通用しているなら表現の幅を広げる意味からも是としています。しかし異論もでてきました。ある歳時記に「走り藷」=新甘藷があったのです。確かに紛らわしいです。解説付きでも中身は同じ

です、是としてきたのですが警告「注意!」に訂正します。、
◆句会での特選以外の秀作・佳作については中村信のホームページ《あ》[http://saruwakakukai.web.fc2.com]をご覧ください。(ただし、該当欄が一時的に更新不能のため、同「掲示板」投稿欄にて代替しています)


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №41 [ことだま五七五]

或る若い友 7

              俳人  種田山頭火

 病みて一人の朝がゆふべとなりゆく青葉

 柿の若葉のかがやく空を死なずにゐる

 蜂がてふちよが草がなんぼでも咲いて

 けさは水音も、よいたよりでもありさうな

 いつもつながれてほえるほかない犬です

 ほんにしづかな草の生えては咲く


『草木塔』 青空文庫


nice!(1)  コメント(0) 

読む『ラジオ万能川柳』プレミアム №65 [ことだま五七五]

        読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆5月15日、22日、29日放送分

        川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
◆2019年5月15日放送分の内容です。 

65-1.jpg
この後は賞品の買い出し!

「ラジオ万能川柳」
は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/J4qefuHWJoQ

【質問】
「プロポーズ ハイかイエスで答えてね」
かよちゃんの万能川柳の句ですが、これは事実ではないとご本人が言っています。
以前、孫が亡くなったという句がフィクションであると話題になりました。
作品は事実でなくてよいのですが、身近な人を扱うのは如何でしょうか? (辰五郎さん)
https://youtu.be/J4qefuHWJoQ

(みなさんの川柳) (敬称略)今週は173句の投句がありました!!
・ユリコ吐いた令和の風を深呼吸(パリっ子)
・議員さん反面教師になってるよ(恵庭弘)
・母の日は他は忘れてただ感謝(昔のジョー)
・さあ逃げろ車は急にとまらない(外科系)
・初任給老後のために預金した(キャサリン)
・一日が長く感じる休み明け(名人・キジバト交通)
・ご退位を呟き父は隠居する(名人・やんちゃん)
・保育士に助けられてるわたしンち(ナナチワワ)
・ロケット花火お空に届け(ワカメちゃん)
・皆死んだチャンバラ映画キャストたち(名人・東海島田宿)
・先生をいじめないでと天で言う(名人・入り江わに)
・マスクして移さないでね五月病(あまでうす)

☆タケシのヒント!
「10連休明けの今の気分にぴったりの句です。五月病とマスクの組み合わせも新鮮。発見があります。」

・金利より上がっています骨密度(名人・龍龍龍)
・ミサイルに有効期限あるのかな(名人・グランパ)
・週末は谷中がちよっと騒がしい(小把瑠都)
・寄せ書きの隅に小さく匂う恋(海辺のスーさん)
・たまに出て優勝しては又休み(名人・六文銭)
・オンラインなのにチケット取れなくて(模名理座)
・よぼよぼとよろよろ支え合って生き(大名人・光ターン)
・若葉祭りでメン子ちゃんに会えた(白ポロ)
・ヤセなさい言わぬ医師にもある事情(名人・アキちゃん)
・強運会名刺を作る30枚(辰五郎)
・地球儀を勝手に回すトランプさん(大名人・けんけん)
・住めるよになれば取り合うのか月を(名人・荻笑)
・SMをしてみたいけどムチ2人(柳王・ユリコ)
・御朱印は足を運んで集めたい(紗月めい)
・母の日も今日と同じがプレゼント(和こころ)
・田に映る青空泳ぐカエルの子(名人・不美子)
・「咲いたね」ともらう言葉が水肥料(ペンギン)
・挟まれた日本の空がきな臭い(名人・アンリ)
・スーパーは他人の生活丸わかり(名人・平谷妙子)
・御朱印らスタンプカードじやありません(よっきゅん)
・飛翔体北の断捨離ならいいね(里山わらび)
・走行税車もつ人減るだろな(クッピー)
・言いなりにならないとこは評価でき(司会者=名人・あさひろ)
・ラジ川の方とも会える強運会(のりりん)

◎今週の一句・マスクして移さないで五月病(あまでうす)
◯2席・地球儀を勝手に回すトランプさん(大名人・けんけん)
◯3席・寄せ書きの隅に小さく匂う恋(海辺のスーさん)

【お知らせ】
仲畑流万能川柳のファン交流会
「第24回万能川柳強運者の集い」、いよいよ今週末5月18日の土曜日、15時から
東京は竹橋駅直結の毎日ホールで行います!!
18日にふらりと来ていただいてもかまいませんので、ぜひお気軽にご参加ください!!
全員で投句・選句を楽しむ「仲畑流大句会」も行います。
なんと今年はNHKの「シブ5時」でおなじみ、AIアナウンサーで川柳も読む
ヨミ子さんも句会に参加することになりました!!
NHKが取材に来て、31日金曜日に「シブ5時」で放送予定です!!

65-2.jpg
65-3.jpg

 【放送後記】
いよいよ今週末の18日に迫ってまいりました、
毎日新聞・仲畑流万能川柳「強運者の集い」。
NHKのAIロボット・ヨミ子さんも参加する大句会には、
私も水野タケシ賞とエフエムさがみ賞を出しますよ!
当日フラリときていただいてもかまいませんので、ぜひお運びくたまさいませ!*\(^o^)/*
                                タケシ拝
========================================
5月22日放送分の内容です。 

65-4.jpg
あさひろさん、強運者の集いで皆さんからいただいたプレゼントと!!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/dMUzpWZQa9E

【ご報告】
毎日新聞・仲畑流万能川柳のファン交流会
「第24回万能川柳強運者の集い」、5月18日の土曜日に
東京は竹橋の毎日ホールで行ないました!!
今年は参加費が500円と大幅に値下げしたこともあったのか、
参加者がグ~~んと伸びて170人!!大いに盛り上がりました!!
けんけん大名人、アンリ&ポテコの両名人、キャサリンさん、メン子ちゃんと、
相模原からの参加も多かったですねえ。
あさひろさんも初参加!!あさひろさん、初参加のご感想は??

65-5.jpg
65-6.jpg
65-7.jpg

(みなさんの川柳) (敬称略)今週は150句の投句がありました!!
・愛情を伝えないのも愛情さ(恵庭弘)
・断捨離でいつも助かるブックオフ(名人・キジバト交通)
・親友がありがとう笑む大船渡(あやや)
・褒め言葉少しは毒も盛ってある(名人・やんちゃん)
・初参加でも楽しめる強運会(あまでうす)
・お日さまを悪役にしている日傘(名人・龍龍龍)
・ラジ川も強運会をやって欲し(大名人・秦野てっちゃん)
・ラジ川のオフ会出来た東京で(ナナチワワ)
・川柳がつなぐ友の輪無限大(名人・アキちゃん)
・もういっそ政治家発言禁止令(名人・荻笑)
・ポテコさんの笑顔に会えた若葉まつり(重田愛子)
・新聞の万柳ラジオテレビにも(司会者=名人・あさひろ)
・美味しい水飲める幸せかみ締める(模名理座)
・令和なり平静乱す議員でる(初投稿=黒耀舎)
・2エーカー 僕も持ってる月の土地(名人・フーマー)
・ハンサムでカッコよかったアサヒロ氏(大名人・雷作)
・ヒヤッとし再休場にホッとする(里山わらび)
・やって来た北方領土に仲畑氏(名人・ポテコ)
65-8.jpg
・空襲も知らないやつが何を言う(名人・春爺)

☆タケシのヒント!
「名人・春爺さん、小気味良い詠みっぷり!世の中の怒りがストレートに伝わってきます。頭が良いだけの議員、ほんと何とかなりませんかね。」

・実物のあさひろさんに皆興奮(小把瑠都)
・ヨミ子より感激ナマのアサヒロ氏(名人・酔とぉよ)
・プレないね戦争発言謝罪せず(よっきゅん)
・何次会か分からないほど続く宴(名人・アンリ)
・いつの日か行ってみたいな強運会(はる)
・来年のパリっ子賞に喉が鳴る(爽抜天)
・羽田でも別れ惜しんだ強運会(北の夢)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。鳩山元首相『議員の身分が重いにも拘らずあまりにも軽い発言、歴史を知らない世代の右傾化がこの国を動かすとしたらとても恐ろしい』と。春爺、黒耀舎、よっきゅん、荻笑氏も。衆院懲罰委員会は?没の壺『この際に辞める前例作りゃいい』北の夢。強運会5次会疲れか今朝の顔(師匠)。」

・パリっ子氏男前だと聞きました(柳王・ユリコ)
・会えました!あさひろポテコけんけんさん(のりりん)
・二年後も頑張って又握手する(大名人・けんけんさん
・川柳で名刺交換至福なり(名人・東海島田宿)
・ラジ川が強運会で大暴れ(名人・平谷妙子)
・小銭貯め寄付してたのにキャッシュレス(名人・不美子)
・あんな句をこんな人がと強運会(初投稿=soji)
・強運会窮鼠になりて初参加(パリっ子)

◎今週の一句・空襲も知らないやつが何を言う(名人・春
◯2席・ヒヤッとし再休場にホッとする(里山わらび)
◯3席・川柳がつなぐ友の輪無限大(名人・アキちゃん)

【お知らせ】
私が選者をしている川柳コーナーとしては、
このラジオ万能川柳と、
あと他にタウンニュース相模原南区版の「タケシの晩の川柳」、
東京新聞のフリーペーパー・暮らすめいとの「ときめき川柳・新鮮組」などがあります。
今週はそのご紹介です。

65-9.jpg
65-10.jpg

【放送後記】
今回でおかげさまて放送3周年となりました。
いつもお聴きいただき本当にありがとうごさいます!
今回は18日に行われた毎日新聞・仲畑流万能川柳の
ファン交流会「強運者の集い」一色の放送でした。
そんな中、春爺さんか秀逸5回で大名人に昇進されました。
春爺さん、おめでとうございます!ますます楽しくご健吟くださいね!*\(^o^)/*
                            タケシ拝
========================================
◆2019年5月29日放送分の内容です。

65-12.jpg
小把瑠都さんのお嬢さん・松田梓さんの詩集を手に……

松田梓さんのホームページはこちら!!https://ameblo.jp/nanohananotabi/
「菜の花の旅」で検索すると、梓さんのホームページに行けますよ!!
放送の音源は……https://youtu.be/w_FqqixNm4A

【お知らせ1】
18日に行われた毎日新聞・仲畑流万能川柳の全国大会「第24回強運者の集い」。
まだその余韻に浸る毎日ですが、
なんと31日金曜日には、NHKの午後4時50分からのニュース「シブ5時」でその模様が紹介されるかもしれません。
これは見逃せませんよ~!!
強運会名物といえば100人以上が参加して行う大句会がありますが、
今回はNHKのAIアナウンサーで川柳にも挑戦しているヨミ子さんが参加したのです。
AIが句会、しかも心模様を詠む川柳の句会に挑戦するなんて、これは人類史上初!!画期的な出来事です!!

65-5.jpg
65-3.jpg

(みなさんの川柳) (敬称略)今週は158句の投句がありました!!
・誰が買うメロン2つで500万(名人・やんちゃん)
・その昔ペリーにも相撲見せました(昔のジョー) 
       (添削例)ペリーにも昔相撲を観せました
・ラジ川の代表ですと名乗り出る(キャサリン)
・迷人にならないように切磋する(大名人・春爺)
・目を合わせ会釈返して事故減らし(soji)
・居酒屋で刑事が川柳詠んでいた(重田愛子)
・アベさんもトランプさんも遊んでる(名人・平谷妙子)
・五月でも三十度越え夏不安(まりぽん)
・丑三つにお茶を飲んでるジイとバア(名人・六文銭)
・「見えた気がする」で判定くつがえる(大名人・秦野てっちゃん)
・見返りが恐い居酒屋・大相撲(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週は全国的に襲った猛烈な暑さとトランプ大統領の来日の話題に集中。北海道で39.5℃!1週間に熱中症で救急搬送2053人!大丈夫か日本列島。昨日エアコンをあわててお掃除。ボツのツボ『風呂温度設定下げる夏陽気』グランパ。あぁ~我が家も愚妻に言われてたが設定の下げ方が解らん!」

・猛暑日に日傘男子を広める街(模名理座)
・ご夫婦で尻尾ふりふりおもてなし(大名人・光ターン)

☆タケシのヒント!
「具体的な名前を出さずに上手に表現しています。絵が見えてきますね。痛烈なのですが、どこか可愛らしさもあってチャーミングな一句です。」

・高齢者走る凶器に乗る凶器(名人・入り江わに)
・2分でと云われ4分しゃべるアホ(小把瑠都)
・この夏はどうなるのやら北海道(はる)
・北海道から避暑客がやって来る(大名人・雷作)
・リア充の山尾氏少しうらやまし(ナナチワワ)
・よぉ大統領リアル言えたぜ国技館(名人・鵜野森マコピイ)
・国賓にいくら支出かふと想う(つや姫)
・おんぶするジイを温めた子のシッコ(ペンギン)
・平幕がまさかの坂を登りきる(大名人・けんけん)
・コンビニも人手時短で利便減り(黒耀舎)
・おもてなしああその税金待つ人に(名人・不美子)
・物言いもたくさん居たねトランプ氏(のりりん)
・うんうんと言ってる時はきいてない(名人・荻笑)
・いちご味ベロ見せ合った友と夏(初投稿=わこわこ)
・この季節やる気出るのは曇り空(柳王・ユリコ)
・牛肉と農産そっと置き土産(里山わらび)
・若者が伸びて安堵の相撲界(名人・アンリ)
・あさひろさんマークしていた朝乃山(名人・かたつむり)
65-11.jpg
・令和初大腸検査する夫(名人・アキちゃん)
・演出と決意ばかりで中身なし(名人・マルコ)
・クーラー買えよ旦那に言ってみようかな(クッピー)
・オレ取れば勝てそと観てるトランプ氏(爽抜天)

◎今週の一句・ご夫婦で尻尾ふりふりおもてなし(大名人・光ターン)
◯2席・高齢者走る凶器に乗る凶器(名人・入り江わに)
◯3席・オレ取れば勝てそと観てるトランプ氏

【お知らせ2】
6月23日(日)の、第7回仲畑流万能川柳大会のお知らせです!
万柳ファンが九州は小倉に集い、5つのお題で句を競い合います。
選者は万柳の常連作家4氏&毎日新聞。優秀作品には賞品贈呈(1万円の商品券)。
懇親会もあります。全国から参加できます。
九州旅行兼ねて「万柳」の縁を広げましょう!!
今回は「せつない」「チェンジ」「揺れる」「嘘(うそ)」「憧れ」の5つのお題で句を募集し、
それぞれ水野タケシ、忠公さん、お鶴さん、宮本佳則さんの4氏と、毎日新聞が選者を務めます。
参加費2000円、句会後の懇親会費4000円。
お題ごとに最優秀句1句に1万円の商品券、上位入賞者に賞品を贈ります。
〈日時〉6月23日(日)10時受付開始、11時半投句締切り、
14時開会、16時懇親会
〈会場〉北九州市小倉北区、ホテルクラウンパレス小倉
〈応募方法〉
往復はがきに郵便番号、住所、氏名、柳名(あれば)、電話番号、懇親会出席の有無を書き、
〒802-8651 毎日新聞西部本社販売開発部「万柳大会」事務局(093-551-0063)へ。
締切は6月15日です!!
詳しくは、私のブログ「水野タケシの超万能川柳!!」をご覧ください!

 【放送後記】
5月とは思えないような暑い日が続きましたが、皆さんお元気でしょうか?
暑さもひと段落して今朝の相模原はとにかく快適。
スタジオまで10キロの道のり、森の中のサイクリングを楽しみました!*\(^o^)/*
                               タケシ拝
=======================================
56-9.jpg

 水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。


nice!(1)  コメント(4) 

日めくり汀女俳句 №34 [ことだま五七五]

四月六日~四月八日
          俳句 中村汀女・文  中村一枝
四月六日
しだれ桜もつとも風に耐へんとす
           『薔薇粧ふ』 枝垂桜=去
 桜もほころび、三月末日、有珠山噴火のニュース。火山国日本と言えばそれまでだが、その都度、わが家を、家畜を、残して避難する人の悲しみ、身に迫る。
 そんな最中、「熊日」から電話。「やっちゃいましたよ」「何を?」「今日の句、春眠のせめてさだかに透き人、は前に出ています」
 目の前に噴煙立ち昇る。あってはならない、私のミスである。
 汀女の句を毎日楽しみに切り抜いている方もあるというのに、申しわけなさと情け無さが入り混じり、噴火のニュースを眺め続けていた。
四月七日
満開の花の沈める夜にふるる
             『汀女句集』 花=春
 汀女が、淀橋税務署長に赴任した夫と新婚生活を始めたのは東京中野・塔の山である。
 二十そこそこの新妻である汀女は毎日心細く、故郷が恋しく、父母が懐かしく泣いてば
かりいた。
 それまで見慣れた風景、聞きなれた言葉から突然外国へ放り出されたようなもの。当時の東京と熊本は今のニューヨーク東京間よりずっと違いのである。
 気晴らしに長谷川かな女の句会に出席、気をよくして氷水を飲んでいて帰りが遅くなり、夫から叱られた。いまだ女学生気分抜けやらぬ汀女だった。
四月八日
昨日より顔見知る子も春雨に
            『汀女句集』 春雨=春
「あら、久しぶりねアニちゃん、元気だった」。グレイのプードルタロくんを連れた奥さんが、ア二に声をかけ、私は目をばちくり。
「昨日も一昨日もタロくんに会ったわ」
「いつ? どこで?」
 してみるとこの間から私が親しげに声をかけていたプードルとおじさんは? 私が「タロくん、タロくん」と言うと、彼は短いしっぼをちょろちょろさせて喜んだ。でもアニはいつになく冷淡で、「アニ、あんたタロくんを忘れちゃったの、ほら仲良しの」としつこく言っていた私は何だったのだ。

『日めくり汀女俳句』 求龍堂

nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №40 [ことだま五七五]

或る若い友 6

              俳人  種田山頭火

 月がうらへまはつても木かげ

 枯れたすすきに日の照れば誰か来さうな
                                                                           
 何もかも雑炊としてあたたかく

 蓑虫もしづくする春が来たぞな

 病みほほけて信濃より帰庵/

 草や木や生きて戻つて茂つてゐる

『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む『ラジオ万能川柳』プレミアム №64 [ことだま五七五]

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆5月8日放送分

        川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年5月8日放送分の内容です。
64-1.jpg
あさひろさんの大船渡お土産、かもめの玉子のチロルチョコを持って

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/fjqoO-6zrCY

【質問】
タケシ師匠、あさひろ様、おはようございます。
絶好調、テレビ朝日の「川柳居酒屋なつみ」、毎週拝見しています。
ところで、実際に「川柳協力」とは、どのような形で、番組制作にかかわるのでしょうか?
また、タケシ師匠が収録に立ち会ったりはしますか?裏話なども、聞けたら嬉しいです。
(あややさん)
64-2.jpg

 (みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略) 今週は146句の投句がありました!!
・古の上皇今によみがえる(昔のジョー)
・渋滞で世間の父さんおつか令和(よっきゅん)
・恋心今も昔も変わらぬ世(メン子)
・ちょっと待て青信号も危ないぞ(名人・鵜野森マコピイ)

☆タケシのヒント!
「10連休で忘れがちなのですが、ショッキングな交通事故が続いています。今週は秀逸と3席に交通事故の句。特に秀逸は大共感です。明日は我が身ですね。

・馬鹿騒ぎ最後最初の大安売(西宮のフーコー)
・欲しい物ネットで買えて便利だな(白ポロ)
・無事故だが肩身の狭い高齢者(名人・春爺)
・母の日は電話だけでもいいからね(大名人・けんけん)
・行列で令和元年スタートし(名人・グランパ)
・70歳ディズニー好きって変ですか(爽抜天)
・連休で休んでいるが何の日だ(のりりん)
・火傷する覚悟で挑む小籠包(柳王・ユリコ)
・連休はまだまだ続く退職者(名人・フーマー)
・気持ちよく渋滞眺め泳ぐ鯉(名人・アンリ)
・気分だけ十連休にお付き合い(名人・六文銭)
・十連休パパは会社を恋しがり(名人・入り江わに)
・ナス植えたトマトも植えた日に焼けた(名人・荻笑)
・十連休結局なにも片付かず(司会者=名人・あさひろ)
・理想ですお隣さんが綺麗好き(名人・平谷妙子)
・断捨離の鬼と化してた10日間(大名人・光ターン)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。さて連休中、今日が何の日だかも解らず「やれ10連休」だの「やれゴールデンウィーク」だのと浮かれていた日本人のなんと多かったことか。今週も特番に続き「令和」関連の句多数。その中で今週のボツのツボは『オレなんか三百六十五連休』光ターン。この開き直りがなんと爽快なことか!」

・一週で令和に染まる日本人(あまでうす)
・勝ち負けを去って女の顔沙保里(名人・龍龍龍)
・新緑や海苔の香りのお弁当(名人・やんちゃん)
・外交は忖度されず苦戦する(大名人・秦野てっちゃん)
・飛翔体海に潜ってリサイクル(名人・キジバト交通)
・香水と湿布仲良く女子ランチ(初投稿=いるかみきこ)
・断捨離で昔の自分にも逢えた(辰五郎)
・あきらめず夢打ち上げたホリエモン(大名人・雷作)
・十連休その中身にも格差あり(名人・東海島田宿)
・え!4時間トイレ近くてオレは無理(里山わらび)
・新元号世界は何も変わらない(名人・マルコ)
・休み明け財布預貯金悲鳴上げ(つや姫)
・もうちょっと聞いてたかったユリコさん(名人・かたつむり)
64-4.jpg

・持病あり十連休は不安です(模名理座)
・平成のコバエ令和のキッチンに(風歌)

◎今週の一句・ちょっと待て青信号も危ないぞ(鵜野森マコピイ)
◯2席・断捨離で昔の自分にも逢えた(辰五郎)
◯3席・無事故だが肩身の狭い高齢者(名人・春爺)

【お知らせ】
仲畑流万能川柳のファン交流会
「第24回万能川柳強運者の集い」、今年は5月18日の土曜日に
東京は竹橋駅直結の毎日ホールで行います!!
大句会の投句は残念ながら7日に締め切られてしまったのですが、
その他にも楽しみはいっぱいあります。
18日にフラリと来ていただいてもかまいませんので、
ぜひお気軽にご参加ください!!
64-5.jpg

【放送後記】
10連休明けというのに、皆さんたくさんのすばらしい作品ありがとうございます!
また、連休中に放送した特番「ようこそ!川柳学園」の
ご感想もありがとうごさいます!励みになります!m(__)m
                              タケシ拝
=====================================
 水野タケシ(みずの・たけし)
56-9.jpg
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」http://ameblo.jp/takeshi-0719/

nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №33 [ことだま五七五]

四月三日~四月五日

          俳句  中村汀女・文  中村一枝

四月三日
許すべく人若く革芳ぐはしき
         「汀女芝居句集」 草芳し=春

 まったくどこへ行っても年寄りばかりだ。外出先から帰った夫がうんざりしたように言う。本人七十三歳、十分老人である。
 スーパーのエスカレーターで降りていくと十人のうち七人までがまず中高年、頭の真ん中が薄かったり、白髪染めがはげているのが目立つ。自分はどうなんだろうと降りた階でひょいと鏡を見る。当然ながらそこに映っているのはまさしくおばあさんであって、さっきまで上から見下ろしていた時の優越感、もしや自分は若いのではという思い込みが消えてしおしお肩を落とすのである。

四月四日
花昏(くら)し今しけはしき雲よりも
             『汀女句集』 花=春

 父尾崎士郎の随筆から。終戦後向島の古い旅館で住み込みで働いていた老女の話である。あるときラジオで君が代の放送を聞き、
「この歌はわたしの子供の頃から流行っていましたがずいぶん長く続いているものですね」。
 その自然な述懐が心を打ったという。
 今、父が国旗国家法の法制化を聞けば、またも同じ愚を繰り返すのかと言うだろう。保守的な天皇尊重論者であった父は、「私は天皇制に対する感情的な反抗はそのほとんどすべてが強制的な習慣に原因していると信じている ー 」と結んでいる。

四月五日
おもむろに雨にまた出づ猫の夫(つま)
           「山粧ふ」 猫の夫=春

 「まあ汀女さんって、ご主人がいらしたの」。
 意外という顔をされたことがある。後年は汀女の夫としてのわき役に徹した中村重喜も結婚したころは、官途の栄達を夢見る野心に満ちた青年、当時当たり前の亭主関白だ。若い頃の重喜は温和で協調的な男ではない。はげしい男でもある。
 私の夫が幼い頃、汀女とふろに入っていると戸ががらっとあいた。顔を出した汀女の頬にいきなり重喜の手がとんだ。気に入らないことがあったのだ。汀女は外出すると夫より早く家に帰ることをいつも心掛けていた。


『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №96 [ことだま五七五]

猿若句会特選句集 96(2019年4月20日)

             猿若句会会亭  中村 信

 茶摘唄聞こゆる知覧空静か  長谷川英夫
 百僧の和讃に緩ぶ花の冷  丸本 武
 夜桜やまさかの出合ひ遠会釈  花柳小春
 畝毎に家族総出の茶摘かな  内野和也
 柩には爺の似顔絵養花天  中村克久
 乙女等の裾に戯る春の風  宮島久代

◆猿若句会四月例会の特選句集です。例によって一句だけの短評から始めます。
[短評] [茶摘唄聞こゆる知覧空静か 英二]。作者は今月からの新入会員です。喩えるならばベテランの柔道部員が新入部員に一本取られた感じです。「茶摘唄」と「知覧」の合わせ技で一本取られています。ただし確かに佳句とは言えますが、まだ推敲の余地は残っています。今月の兼題が「茶摘」で、私はまさか茶摘唄に「知覧」が合うとは思っていませんでした。講評に入って、自分の無知に気づかされました。合うどころか必然、付き過ぎ位だったのです。「知覧」は季語ではないのですが、季語的働きまでしています。知覧が戦前特攻の出撃基地であったことがあまりにも有名で、地名以上の知識が夫々の方々に付随していることです。宇治茶・静岡茶・狭山茶などの茶所は誰でも知っているが、知覧茶を知っているのは少ないだろうとまだ思っていました。ところが鹿児島県は静岡県につぐ茶の生産地であり、なかでも知覧は鹿児島では知名な茶の生産地であり著名でした。「茶摘唄」が「知覧」と出会い、さらに「空静か」念押しすることで鑑賞者にイメージをふくらまさせて巻頭句になりました。
ただ茶摘み所も観光地化され、絣の上下に赤いタスキ、姉様かぶりの茶摘女を動員し、なかには茶摘唄まで」スピーカー流して観光地化を謀っている所もあるようです。季語としての「茶摘」も様変わりしてきますが、知覧はまだ旧来の季語感を残っていて欲しいですね。如何だったのでしょうか。実は俳句で地名を詠みこむのはかなり難しいことなのです。地名として著名である場合はそれが邪魔をします。逆に無名の場合はなぜこの俳句にこの地名が必要なのかを説明しなければならない場合まででてきます。この「知覧」等は見方次第でどちらにも動ごきそう微妙です、閑話休題。皆様にはこれもどちらだったでしょう?。
◆句会での特選以外の秀作・佳作については中村信のホームページ《あ》[http://saruwakakukai.web.fc2.com]をご覧ください。(ただし、該当欄が一時的に更新不能のため、同「掲示板」投稿欄にて代替しています)


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №39 [ことだま五七五]

或る若い友

                 俳人 種田山頭火

 汽車のひびきも夜明けらしい楢の葉の鳴る

 月がうらへまはつても木かげ

 枯れたすすきに日の照れば誰か来さうな

 何もかも雑炊としてあたたかく

 蓑虫もしづくする春が来たぞな

 病みほほけて信濃より帰庵

【草木塔』青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む『ラジオ万能川柳』プレミアム №63 [ことだま五七五]

          読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆4月17日、24日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」、
2019年4月17日放送分の内容です。
63-1.jpg
花粉症なかなか抜けず困ってる

ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/3lT1y6-khyQ

【お知らせ】
新元号「令和」がスタートした翌日の5月2日(木)朝10時から、
エフエムさがみで3時間の川柳特番を放送します!!
タイトルは「ようこそ!川柳学園」。
番組前半の2時間は、楽しい川柳入門コーナー。
後半1時間はお題「令」と「和」で募集した皆さんの川柳をご紹介します!!
川柳はメールやファクス、はがきでお気軽にご応募ください!!
川柳初心者の方、大歓迎!!
https://youtu.be/3lT1y6-khyQ

 (みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略)今週は136句の投句がありました!!
・色々なコトを越えたねウッズさん(名人・春爺)
・開幕だ金の力か今は首位(キャサリン)
・婚約が決まりエロ本処分する(辰五郎)
・新紙幣どうせ時代はキャッシュレス(名人・入り江わに)
・見たことがないので信じるブラックホール(名人・龍龍龍)
・天皇を政治に利用してる気が(大名人・秦野てっちゃん)
・くまもんの目の奥にある忘れない(外科系)
・改めて読む万葉集憲法も(司会者=名人・あさひろ)(添削例)再読す万葉集と憲法を
・隠したいことあり新札発表す(大名人・光ターン)
・あといくつ寝れば来るかな新元号(しんじだい)(メン子)
・選者にも十連休の恩恵を(つや姫)
・五輪より自分大事と言いかねず(里山わらび)
・モタモタの現金払い疎まれる(名人・マルコ)
63-3.jpg

・政界のブラックホール見え隠れ(名人・荻笑)
・熱中しタイガーを観る老いた妻(名人・アキちゃん)
・ブラックホール阿呆な政治家呑み込んで(名人・鵜野森マコピイ)
・断捨離中何度もタイムスリップし(柳王・ユリコ)
・やっぱりな橋本五叉路また渋滞(小把瑠都)
・散る桜惜しむ声なし永田町(爽抜天)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。まずお知らせ。5月2日(木)川柳特番『ようこそ!川柳学園』決定!午前10時~13時。作句の基礎からお勉強。そして学園長の劇的添削!お題は「令・和」〆切26日午前8時。ボツのツボ『自転する地球感じる二日酔い』爽抜天。地球を抱いている人もいましたが、転がした人が一枚上ですな。」

・誕生日母になった日思い出す(和こころ)
・元号に隠しています清和会(名人・フーマー)
・日帰りのお花見会は出会いの場(名人・ポテコ)
63-4.jpg

・つばめさん令和と描き宙返り(名人・かたつむり)
63-5.jpg

☆タケシのヒント!
「つばめの飛び交う季節。つばめの飛ぶ姿、いわゆる「つばめ返し」を見ての、作者ならではの発見があります。令も和もなんとなく◯を連想させますよね。」

・パリの火事瞬時に世界駆け巡り(パリつ子)
・原っぱにうつ伏せ地球抱いてみる(名人・不美子)
・カジモドようまく今度も逃げたかい(ペンギン)
・失言は多いが妻はやめません(大名人・けんけん)
・やっと辞められて笑顔が戻る人(名人・アンリ)
・桜ちり新たな季節の幕開けだ(白ポロ)
・お喋りでリハビリの手を止めさせる(模名理座)
・葉っぱまで残さず食べる桜餅(のりりん)

◎今週の一句・つばめさん令和と描き宙返り(名人・かたつむり)
◯2席・ブラックホール阿保な政治家呑み込んで(名人・鵜野森マコピイ)
◯3席・改めて読む万葉集憲法も(司会者=名人・あさひろ)

【お知らせ】
ここからは、東京都住宅供給公社、JKK東京のお得な情報をお届けします。
JKK東京は、賃貸住宅を管理・運営している、東京都100%出資の団体です。
さて、現在JKK東京とこのラジオ万能川柳では、川柳を募集しています。
お題は「子育て」。締切は4月23日(火)朝の8時。
いつものように、ラジオ万能川柳までお送りください。
発表は4月24日のラジオ万能川柳。秀逸の方1名にはプレゼントもありますので、
ふるってご投稿ください。

【放送後記】
朝もようやく暖かくなってきました。
過ごしやすい季節になったというのに、まだ花粉症から抜け出せません(涙)。
早く自転車通勤に戻りたいよー!(*_*)
                               タケシ拝

=======================================
◆4月24日の放送
63-6.jpg
「ようこそ!川柳学園」の賞品、超シルバー川柳の本を持って

放送の音源は……https://youtu.be/WF3p3uHDscA

【お知らせ】
新元号「令和」がスタートした翌日の5月2日(木)朝10時から、
エフエムさがみで3時間の川柳特番を放送します!!
タイトルは「ようこそ!川柳学園」。
番組前半の2時間は、楽しい川柳入門コーナー。
後半1時間はお題「令」と「和」で募集した皆さんの川柳をご紹介します!!
番組のラストにはお電話するかもしれませんので、電話OKの方はその旨もお書き添えください。
川柳はメールやファクス、はがきでお気軽にご応募ください!!
川柳初心者の方、大歓迎!!締切は4月26日(金)8時!!
秀作の4名様には、4月22日に河出書房新社から出たばかりの
「超シルバー川柳」という本をプレゼント!!
90歳から101歳の方だけの句を集めた話題の一冊です!!
63-7.jpg

 (みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略)今週は136句の投句がありました!!
・優しさは父親譲りの三兄弟(和こころ)
・見下ろして聞いてる母のお説教(重田愛子)
・ベビーカー乗って快適王子様(名人・キジバト交通)
・イクメンのできないことは母乳だけ(名人・入り江わに)
・似合ってるネクタイよりも抱っこひも(名人・やんちゃん)
・子育てが終わったころにある親育ち(司会者=名人・あさひろ)
・反抗期全く無いのも困りもの(恵庭弘)
・下の子は上の行いじっと見て(昔のジョー)
・子育てがヘタな親だと子に云われ(小把瑠都)
・反抗期三女のときは母も慣れ(大名人・光ターン)
・子供らが教えてくれた仲直り(ナナチワワ)

☆タケシのヒント!
「子育て真っ盛りの実感句。子供から教えられる、という句は多かったのですが、「仲直り」と具体的なところが良いです。人と人はもちろんでが、国と国も仲直りって難しいですね。」

・保育所が休みで困る十連休(模名理座)
・ママよりもパパうれしがる「似てますね」(名人・龍龍龍)
・育児書に個人差ありと書いてある(大名人・てっちゃん)
・よその巣で子育てさせる鳥がいる(名人・東海島田宿)
・怒らずに叱ってハグして子は育つ(名人・グランパ)
・新人に忖度教える官公署(つや姫)
・産声が未来を連れて過疎の村(里山わらび)
・子作りは支援なくてもやってけそ(名人・不美子)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。お知らせ。5月2日の川柳特番『ようこそ!川柳学園』のお題は「令」「和」、〆切は26日午前8時です。〆切まで間も無いですが皆様の傑作をお待ちしています。今週のボツのツボは、『子育ても最初に子作りあってこそ』不美子。師匠のヒントに「子作りじゃ無いよ」に反応した秀句でした。」

・ヘアゴムを結び本気で遊ぶ妻(外科系)
・子育てはやる気に根気元気の木(名人・フーマー)
・子育てに成功なんてあるだろか(パリっ子)
・母さんはこうして育ててくれたんだ(ペンギン)
・子供って親の鏡と思い知り(名人・アンリ)
・孫育つ健康ならばすべて良し(名人・アキちゃん)
・おっぱいは右子供用夫左(名人・かたつむり)
63-8.jpg

・似ちゃったねごめんよ悪いとこばかり(大名人・けんけん)
・バイバイと手を振る遠い飛行機へ(名人・マルコ)
・ケータイをずっと見る親子は叫ぶ(名人・ポテコ)
63-9.jpg

・大五郎日の本(ひのもと)初の乳母車(爽抜天)

◎今週の一句・子供らが教えてくれた仲直り(ナナチワワ)
◯2席・子作りは支援なくてもやってけそ(名人・不美子)
◯3席・バイバイと手を振る遠い飛行機へ(マルコ)

 【放送後記】
平成ラストの「ラジオ万能川柳」お楽しみいただけましたか?
来週はいつもの水曜日ではなく木曜日、
2日10時からの川柳特別番組「ようこそ!川柳学園」です。
ただいま、お題「令」か「和」で川柳募集中!
もちろん「令和」でもかまいませんよ。
賞品もドーン!とご用意していますので、お気楽にご参加くださいね!*\(^o^)/*
                             タケシ拝

=======================================
56-9.jpg
水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」
http://ameblo.jp/takeshi-0719/


nice!(1)  コメント(0) 

日めくり汀女俳句 №32 [ことだま五七五]

三月三十一日~四月一日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

三月三十一日
少年のかくれ莨(たばこ)よ春の雨
            『春雪』 春の雨=春
 手鍋提げても、という言葉、今は死語になったかなと思うが、そういう必死の恋愛なんて昨今、めったにお目にかからなくなった。
 道具が一つもなくても、コンビニという便利なもののおかげで住みついたその日から生活を始められる。たちまちおままごとができるから恋もまた手軽である。
 ついたり、離れたりも心の痛みはさほど伴わないらしい。
 そのくせ人はラブストーリーには憧(あこが)れる。切ない感情を共有したいと願う。安っぽいテレビドラマもまたにぎわう由縁である。

四月一日
たんばぼや日はいつまでも大空に
              『春雪』 蒲公英=春
 介護保険の被保険者証なる物が郵送されて一寸(ちょっと)ぎょっとした。よく考えてみると私も貰う資格ありということで、有り難いやら、悲しいやらの心境である。
 初めて年金を貰った時は、むしろ嬉しい方が先に立って、やったーつと思ったのだが、介護保険となるとわが身の行く末がよたよた縮んでいくような切ない気分になってくる。
 友人に介護認定の審査を頼まれている人がいて、「私は何て言うのに当たるの」と聞いてみると、「あんたは自立よ」と冷たく突き放され、何だかほっとするのである。

四月二日
ゆで玉子むけばかがやく花曇
              『春雪』 花曇=春
 江国香織さんの小説「きらきらひかる」を読んだ。本屋で題に惹かれて買ったのだが、私の子供くらいの年齢のお嬢さんの感性がとても気持ちよかった。アル中で情緒不安定な妻とホモの夫のかもし出す日常、アンバランスなのに居心地がいい不思議な小説である。
 今江祥智氏があとがきを書いておられる中で、不意に、この汀女の「ゆで玉子」の句がでてきた。あっ、と思った。
 この句の持つ芳醇でつややかな味わい、そのくせ無機質の匂い、似ているのである。江園さんと汀女の、六十年以上のへだたりなど何一つ障樽にならないのだ。

『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №38 [ことだま五七五]

或る若い友 3

                俳人  種田山頭火

 枯れてしまうて萩もすすきも濡れてゐる

 椿のおちる水のながれる

 寝ざめ雪ふる、さびしがるではないが

 誰か来さうな雪がちらほら

 ふくろうはふくろうでわたしはわたしでねむれない

 汽車のひびきも夜明けらしい楢の葉の鳴る

 月がうらへまはつても木かげ


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む『ラジオ万能川柳』プレミアム №62 [ことだま五七五]

              読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆4月3日、10日放送分

        川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年4月3日放送分の内容です。 
62-1.jpg
ミカちゃんがいない写真の寒いこと
「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が             キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/NyMuSmk39w8

【お知らせ】
仲畑流万能川柳のファン交流会
「第24回万能川柳強運者の集い」、今年は5月18日の土曜日に
東京は竹橋の毎日ホールで行いますが、行われますが、
その2部で行われる「第5回仲畑流大句会」のお題が発表されました!!
今年のお題は「新」です!!新しいの「新」!
「強運者の集いは」全国の万柳ファンが年に1回、一堂に集う会で、投句経験がなくても参加できます。
新元号をきっかけに、より多くの方に参加いただきお楽しみいただくために、
今年から参加費を大幅に値下げしました!!なんと3000円だった参加費が、今年は500円!
もちろん私も参加しますよ!
https://youtu.be/NyMuSmk39w8

(みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略 今週は168句の投句がありました!!
・平成でなかった時代幕を引き(名人・グランパ)
・子供の頃は月の中見えた(恵庭弘) (添削例)月の中見えたな子供だった頃
・不合格それぞれの春きっとある(昔のジョー)
・了見の狭さ拡散ツイッター(名人・入り江わに)
・元号をしゃべりたかったのは総理(名人・東海島田宿)
・桜咲き新番組もラジオから(名人・ポテコ)
62-2.jpg
・油断して夜桜見物風邪を引く(名人・キジバト交通)
・新元号令和の礼は深々と(名人・春爺)
・満開の桜梅花にもってかれ(名人・六文銭)
・新元号どこ吹く風と桜花(大名人・光ターン)
・五輪まで持ちそうにない五輪相(小把瑠都)
・元号でリセットされるわけでなし(名人・荻笑)
・満開を見上げて首の重さ知り(名人・アンリ)
・万葉集ベストセラーになる予感(柳王・ユリコ)
・新元号決まり昨日と違う風(大名人・けんけん)
・不器用を起用に演じショーケン逝く(名人・マルコ)
・AIが読み忘れてた万葉集(つや姫)
・和やかになれと令する新元号(和こころ)
・眠っても眠ってもまた来る眠気(ナナチワワ)
・新元号出るまで投句ちょっと待ち(爽抜天)
・新元号発表談話はワタクシが(司会者=名人・あさひろ)
・号外が欲しかったなぁ指くわえ(名人・かたつむり)
62-3.jpg

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。今週はさすがに“新元号関連句”が多数。爽抜天さんのように発表を待って投句?あの日11時40分過ぎからどっと到着。そんな中で見事秀逸は『痔』の句でした。師匠のセンスさすが!ボツのツボはかたつむりさんの『あの時間うぐいす嬢も口を閉じ』。統一地方選挙も桜も勝てませんでしたね。」

・親切で譲られた席痔が痛い(パリっ子)

☆タケシのヒント!
「せっかく親切にしてもらったのにトホホ…。この自虐が川柳ですねえ。どうぞお大事になさってください。
ところで、フランス語で痔はなんというのかしらん。」

・「平」和から平「和」を願うこれからも(メン子)
・子が巣立ちしばし男女になる夫婦(名人・不美子)
・万葉の梅の開花の新元号(ペンギン)
・あと5キロ痩せたら君にプロポーズ(辰五郎)
・号外の取り合いどっかの国みたい(のりりん)
・十連休待っている人悩む人(重田愛子)
・ショーケンを駅前でよく見かけた頃(模名理座)
・西暦で昭和は生きる事にする(あやや)

◎今週の一句・親切で譲られた席痔が痛い(パリっ子)
◯2席・満開の桜梅花にもってかれ(名人・六文銭)
◯3席・10連休待っている人悩む人(重田愛子)

【お知らせ】
ここからは、東京都住宅供給公社、JKK東京のお得な情報をお届けします。
JKK東京は、賃貸住宅を管理・運営している、東京都100%出資の団体です。
さて、現在JKK東京とこのラジオ万能川柳では、川柳を募集しています。
お題は「子育て」。締切は4月23日(火)朝の8時。
いつものように、ラジオ万能川柳までお送りください。
発表は4月24日のラジオ万能川柳。秀逸の方1名にはプレゼントもありますので、
ふるってご投稿ください。

【放送後記】
新元号が「令和」に決まり、ちょっとしたお祭り騒ぎ。
ラジオ万能川柳にも沢山の句が寄せられました。
新元号をネタに、こうしてああだこうだ言い合えるのが、何より平和の証てすね。
令和時代もこの平和がいつまでも続きますように。
                            タケシ拝
=======================================
○2019年4月10日放送分の内容です。
62-4.jpg
ひょっとして雪になるかも相模原?!
放送の音源は……https://youtu.be/d0bLWVefqf0

【お知らせ】
みなさま、6時間半前に終わった
テレビ朝日の「川柳居酒屋なつみ」第2話ご覧いただけましたか?
女将の宇賀さんも、常連客のムロツヨシさんも、
ゲストのリリー・フランキーさんもさらに酔いが回って、
過激にトークや川柳を展開してお楽しみいただけたと思います。
この「川柳居酒屋なつみ」、
テレビ以外にもTVer(ティーバー)という無料のサービスで、日本全国どこでも、
いつでも、再放送をご覧いただけます.
https://tver.jp/
62-5.jpg

(みなさんの川柳) ◎が秀逸、敬称略)今週は129句の投句がありました!!
・副大臣なんてそもそも必要か(小把瑠都)
・栄誉賞よりも価値ある殿堂入り(名人・東海島田宿)
・じーちゃんはSNSでユリコだと(恵庭弘)
・初仕事コピー1枚気持ち込め(名人・キジバト交通)
・10連休うちの家計は曇り空(名人・やんちゃん)
・投句後に大きなニュース出て焦る(爽抜天)
・体調を整えてから行く健診(重田愛子)
・真ん中はいつか師匠が座る席(大名人・けんけん)
・コンクリートから人へなるの市長さん(初投稿=丹沢66)
・PM2.5なんで小数点なんだ(パリっ子)
・なつみさんあれからわたしかっぽう着(名人・かたつむり)
62-6.jpg
・スマホ見て休んでるのか出ぬトイレ(辰五郎)
・選挙前大臣罷免手際いい(大名人・秦野てっちゃん)
・レイワだよテストの赤丸思い出し(ラジゴ)
・一票はこんな軽いか開票日(大名人・光ターン)
・小2でももうお母さん叱りだす(名人・平谷妙子)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週は129句。早速「川柳居酒屋なつみ」を題材の句も。美人女将の居酒屋でしかも飲みながら、はたして秀句が出来るのか?師匠!と、ますます疑い深くなるあさひろ。ボツのツボ『丸くなる性格でなく背中です』平谷妙子。そう背中はシャンと性格は丸く。ますます反対方向に傾く私です。」

・春雷のオヤジのエールありがとう(ペンギン)
・イチローに三連敗のチーム安倍(里山わらび)
・平成の最後を惜しみ長く咲き(名人・アンリ)

☆タケシのヒント!
「いつもより長く咲いている桜を詠んだ句。うまくうがっています。また、桜の字を使わないで表現したところもさすが名人。巧みです。」

・忖度が辞任したのも忖度か(名人・入り江わに)
・横一線10年後には上司部下(名人・グランパ)
・選挙過ぎ嵐の後の静けさに(まりぽん)
・傲慢のマ抜けがゴーンというわけか(名人・不美子)
・桜餅葉っぱを食べる派食べない派(のりりん)
・当落を決める一票市議選(司会者=名人・あさひろ)
・ゴーンさん今度出る時宇宙服(名人・六文銭)
・フランス語いぼ痔もカッコ良く聞こえ(柳王・ユリコ)
・政治家も学べ韓日友情賞(名人・フーマー)
・三船美佳新たな旦那とロード二章(よっきゅん)
・そのうちに慣れ親しんでいく令和(模名理座)
・退院日バイバイキンとドキンちゃん(外科系)

◎今週の一席・平成の最後を惜しみ長く咲き(名人・アンリ)
◯2席・忖度が辞任したのも忖度か(名人入り江わに)
◯3席・体調を整えてから行く健診(重田愛子)

【お知らせ】
ここからは、東京都住宅供給公社、JKK東京のお得な情報をお届けします。
JKK東京は、賃貸住宅を管理・運営している、東京都100%出資の団体です。
さて、現在JKK東京とこのラジオ万能川柳では、川柳を募集しています。
お題は「子育て」。締切は4月23日(火)朝の8時。
いつものように、ラジオ万能川柳までお送りください。
発表は4月24日のラジオ万能川柳。秀逸の方1名にはプレゼントもありますので、
ふるってご投稿ください。

【放送後記】
人間を自然の一つとして扱うのが俳句、自然を人間のように描くのが川柳、
という言い方もするのですが、今週の川柳はまさにそんな一句です。
桜の気持ちを忖度するなんて、川柳だけですね!(^_−)−☆
                             タケシ拝
=======================================
56-9.jpg
水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」 http://ameblo.jp/takeshi-0719/

nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №31 [ことだま五七五]

三月二十八日~三月三十日

          俳句  中村汀女・文  中村一枝

三月二十八日
振りかへり消ゆる土筆(つくし)もありにけり
             『汀女句集』 土筆=春
 蜂蜜にはまっている。料理に使うとこくが出る。ケーキにはまろやかさが加わる。
 蜂蜜というとやっぱり熊のプーさん。子供の童話のキャラクターでも五指に入る。いつ読んでも面白い。息子が幼稚園の時仲良しだったゆうちゃん、短いスカートから伸びた細い脚、黒い瞳の可愛い子。女手一つで育ち、いつも独りで留守番していた。小学校にあがった年、母親の故郷に帰って行った。
 お餞別にあげた熊のプーさんをしっかり胸に抱え、涙一杯の目だった。その話を息子にすると、えっウソ? という顔をする。

三月二十九日
踏青(とうせい)の傘にあまれる煙雨(えんう)かな
           『薔薇粧ふ』 肯き踏む=春
 小学五年で静岡県の伊東に疎開した。それまで、田舎というものを全く知らない都会っ子だった。
 田圃(たんぼ)の中の一軒家の小さい離れを借りた。足の下に草を踏むなんて初体験だった。すぐ側を川が流れ、瀬音が聞こえる。学校には畑のあぜ道を腰で拍子を取りつつ、向かいの遠くに見える神社まで歩いた。心細くて泣きたかった。
 何年か前そこを訪れ驚いた。田圃も畑もそして家も消えうせ、まわりは住宅ばかり。水害で多少変形したが川だけが面影をとどめていた。
 まさに「故郷の廃家」だった。

三月三十日
かかはらず住むといふこと春の闇
             『紅白梅』 春の闇=蕃
 去年の夏から家の天井に鼠(ねずみ)の気配、物がかじられタンスの中まで荒らされた。思い余って鼠駆除のプロを頼んだ。鼠必殺仕掛け人は紺のシャツと帽子、ズボン、黒のレザーのチョッキというダンディーな軽装で楓爽(さっそう)と現れた。
 近頃の鼠、知能も高く、さらに飽食。毒餌など見向きもせず、しぶとい。出口入り口をくまなく防ぎ粘着テープを置き、それでもいまだに徘徊している。
 よく考えてみると昔はこれみんな主婦のした仕事、現代の主婦は鼠一匹始末できない。ちょっと情けない気分でいる。

『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №95 [ことだま五七五]

猿若句会特選句集 95(2019年3月16日)

              猿若句会会亭  中村 信

 多摩川の流れに沿うて青き踏む  原 健一
 有卦に入る墨堤茶屋のさくら餅  丸本 武
 有難う合言葉にし卒業す  中村呆信
 あさり汁有明海の砂残し  宮島久代
 花に風情人は有情のこの世かな  柴田弘道
 薄れゆく記憶を手操る弥生かな  内野和也
 春恵む天地の神おわすなり  長谷川英夫

◆猿若句会三月例会の特選句集です。例によって一句だけの短評から始めます。
[短評] [多摩川の流れに沿うて青き踏む 健一]。前月とは別な意味で弱りました。難しい季語句が巻頭に選ばれました。「青き踏む」は、一見易しそうな季語ですが、どうやら一癖も二癖もありそうです。おそらく作者も選者も「野遊」と同じ感覚で、この季語を選んだと思います。「踏青」とどう違うのかと云われると、現代では厳密にはそう違わないとする歳時記もあるとか。強いて言えば「野遊」のほうがピクニック的な要素が強いかもしれません。「踏青」は中国の故事から生まれた季語ですので、その行為に多少格式ぶったところがあるとでも言えます。元は[ある決まった日(諸説あり)日に、延べに出て、青草を踏み、逍遥する]ことだそうです。そう堅いこと言わずに現代的な解釈で良いことにしないと俳句が面白くなくなると言われれば、人それぞれですから強く反対もできません。しかし「多摩川の流れに沿うて」の措辞はあまりにの大雑把すぎると言われたらどうでしょう。秩父の笠取山の源流に発して六郷川の東京湾まででは広すぎはしませんか? 多摩川と聞いて立川周辺を思いだすのは立川っ子だけでしょうから、ご祝儀的な俳句としか読めません。向後、ご祝儀的俳句・ご都合主義的俳句の選句はやめましょう。この一句だけを徹底的に叩いている風にみえたとしたら、私の意図するところではありません。私が批判したいのは作者側よりむしろ選ぶ側です。選句の際には、作意や句意よりも、句としての佳否に厳しい批評眼を持とういうことです。私がいつも言っていることは「俳句の上達の秘訣は一にも二も厳しい批評眼を育てることにある」です。句会での選句は、いわば即興に近いものですが出来る範囲でいろいろ確認したいものです。他人に聞くことも決して恥ずかしいことではありません。
◆句会での特選以外の秀作・佳作については中村信のホームページ《あ》[http://saruwakakukai.web.fc2.com]をご覧ください。(ただし、該当欄が一時的に更新不能のため、同「掲示板」投稿欄にて代替しています)


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №37 [ことだま五七五]

或る若い友 3

                 俳人  種田山頭火

 雪へ足跡もがつちりとゆく

 酒をたべてゐる山は枯れてゐる

 しんみり雪ふる小鳥の愛情

 遠山の雪も別れてしまつた人も

 雪のあかるさが家いつぱいのしづけさ

 藪柑子もさびしがりやの実がぽつちり


『草木塔』青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 
前の20件 | - ことだま五七五 ブログトップ